ヒマジンの言霊

ようこそ!!ここでは日記にスポーツに競馬にゲームにと、のんびりまったりと、時には過激に、思った事や好きな事を書いていくブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 いよいよ始まりました、夏競馬。明日の重賞は短距離戦のラジオNIKKEI賞函館スプリントS。特に函館スプリントSはサマースプリントシリーズならびにサマージョッキーズシリーズの第1戦となります。

 ラジオNIKKEI賞

 ◎13ロックドゥカンブ:2戦2勝の外国産馬。まだどういう馬だかわからないが、2レースの戦績を見たところ、どんな展開でも対応できそう。52kgの斤量で出走できるのも魅力。乗り替わりとなる柴山騎手がどう騎乗するかがポイントでしょう。
 ○ 4クランエンブレム:ダートでは惜敗が続いていたが、芝になってからは2戦2勝。ここではいい勝負が出来そう。
 ▲ 9ガルヴァニック:3戦2勝の経験の少ない馬だが、前走は9ヶ月ぶりのレースも2馬身差の快勝。2走ボケも考えられるが、新興勢力に期待。
 △ 5エミーズスマイル:桜花賞以来のレースになるが、あの時とはメンバーも落ちるし狙い目。
 △ 6イクスキューズ:実績はメンバー中ナンバー1だが、牝馬で牡馬相手に56kgはこの馬にとっては痛いかも。

 以上の5頭をあげました。やはり実績のないもの同士が集まるレースだから、予想が難しいですね。


 函館スプリントS

 ◎ 2アグネスラズベリ:前走のCBC賞で牡馬を相手にお得意の1200m戦を3着。復調の気配あり。
 ○11アドマイヤホクト:前走は古馬戦・重馬場と距離以外は初物づくしでの出走。前走の経験を活かせるか。
 ▲ 8ワイルドシャウト:約1年ぶりのレース。それまでは1200m戦は好走を続けていた。その感覚が戻っているかが心配だが、ここは一つ買ってみたい。
 △ 9ビーナスライン:前年の覇者。ここ最近は不甲斐ないレースが続いているが、函館1200mは5戦4勝で3着1回とと成績がいい。相性の良さを買う。
 △ 4サープラスシンガー:5ヶ月ぶりのレース。1200m戦は相性がいい。初の古馬戦だが52kgを活かして欲しい。

 以上の5頭をあげました。何かレース間隔の開いている馬が多いなぁ。
 2つとも難しいレースですが、何とか当てて夏競馬のいいスタートを切りたいですね。
スポンサーサイト
 昨日プレイする時間がないと言っておきながら、今日早速プレイしてしまいました。

 今回もGBA版と同じく1周目はリュウセイ編でプレイ。キョウスケ編は弟がプレイしているため。キョウスケ編では同じ話数でもうアルトアイゼンが出てきたのに、リュウセイ編はRシリーズの名前しか出てこず…。GBA版のシナリオを忘れてしまったからなぁ。

 相変わらず最初はそんなに難しくないですね。シナリオ途中で挿入されるムービーは中々いいと思います。見てる感じではそんなに邪魔にならないし、変に会話イベントの時にしゃべる事よりもよっぽどこっちの方がいいですね。サイバスターが初めて登場するシーンの時なんかは、サイバスターのイメージそのままって感じでgoodでした。
 戦闘シーンもあまり派手な機体がでてきていませんが、グランゾンのブラックホールクラスターとワームスマッシャー、グラビトロンカノンを使ったシーンがありました。機体は何だか今までのシリーズで一番迫力があった感じがしました。まぁグランゾンだけに限らず、今までのスパロボシリーズに比べると、少しユニットが大きく描かれている感じがします。
 今回のウリとも思われる合流システムは使いこなせればかなり面白いかも…。合流する事で使える精神コマンドもあるし。まだ第6話なので仲間もそんなにいないですが、ガーネットをメインにジャーダを合流させて闘うのも一興かもしれません。GBA版では祝福と応援を持っているから、ガーネットを使いまくっていたなぁ…。もちろんPS2でも一緒ですが。今の時点では、特に何も考えずつっこませていこうかなと思います。
 スーパーロボット大戦OGを学校近くのショップでフライング購入しました。しかも、予約をしていないのに予約特典である公式設定資料集も付けてくれるという、とても気前のいいお店でした。これ、いきつけの量販店でも購入者にフツーに配っていたらショックですけどね…。
 
 実は2007年発売の据え置きタイプのゲームを買ったのって、今回が始めてだったりします。それまでのスパロボWやFF3はニンテンドーDSでしたから。だから、今年初のプレステのゲームを買ったという事になります。最初の発表なら年末には発売されているハズでしたが、結局半年も伸びてしまいました。

 さっそく開けてみました。
 OGS.jpg


 別に何て事は無いフツーのプレステ専用DVDソフトです。これを買うために半年も待ったんだという実感が込み上げてきました。ここでは写っていませんが、説明書の分厚い事×2。これ、ゲームを始める前に読まなきゃいかんとですか!?
 設定公式資料集は、これだけでも普通に商品としてもおかしくないブツです。登場キャラやユニットが詳しく説明されており、ファンの人にとっては読み応えがあるんじゃないでしょうか。

 今日はヘキサゴンⅡはねるのトびらを見て、ビリーズブートキャンプを行い、さらに明日提出のレポートもせにゃならないので、ゲームもまだプレイしておりません。7月の中旬の1週間で試験が3教科あるため、さすがにそちらを優先しなきゃいけないので…。でも時間があったらプレイしていきます。スパロボWほど詳しくは無理でしょうけど、まったりと更新していきたいですね。
 昨日で交流戦も終わり、金曜からは公式戦が再開となります。今年のベイスターズ交流戦14勝9敗1分の3位と過去2年とは比べ物にならないくらいいい成績を収めてくれました。楽天には1勝3敗と負けが込んでしまいましたが、ロッテ・オリックスには2勝2敗、西武には3勝1敗、ソフトバンクに4戦全勝交流戦優勝の日本ハムには2勝1敗1分の成績で、日本ハムにセ・リーグで唯一の勝ち越した球団となりました。

 思えば交流戦に入る前から連敗が嵩んでおり、8連敗で止まったかと思ったら6連敗このままじゃ交流戦最下位もあり得るんじゃないかと思いましたが、その後は11勝3敗1分と持ち直し、借金7つを貯金4にまで戻しました。最高の形でレギュラーシーズンに戻れるんじゃないかと思います。

 我は日本ハムと引き分けに終わった試合が印象に残っています。お互い点を取っては逆転するというシーソーゲーム。日本ハムを解雇され、トライアウトで再入団した横山が古巣相手に3イニングをほぼ完璧な投球をしたのが収穫だと思いました。日本ハムを相手にあれだけの投球ができれば、今後も期待できると思っていましたね。右ひじのケガか何かで、今は2軍ですが…。
 あとは交流戦最終戦の8回の攻防ですね。加藤が無死満塁の絶体絶命のピンチを断ち切り、裏の攻撃ではここに来て調子の上がってきた金城の勝ち越しタイムリー。この試合を勝てたのが大きかったですね。
 何しろ、先発で投げれば打たれていた加藤。我も「先発の適正がないから、中継ぎに戻ってくれ」とブログでも書きましたが、この試合では正に神ピッチング。先発をしていた時とは考えられない投球で、流れを呼び戻しました。この時は普段なら危なっかしくて見ていなかったですが、この時だけは何故か食い入るように試合に注目していました。

 何かと雨で中止になるケースが多かったですね。日曜日で交流戦が終わる予定が、火曜まで延期してしまいました。残り2日は疲れを存分に癒して、中盤戦に備えてもらいたいものです。
 昨日から始めてみましたビリーズブートキャンプ。今日は少し進んで、両腕を頭の上で回すところまで行いました。11分弱の運動でこんなに汗をかくとは…。

 バタフライがキツイ…。腰を落とし、腕を伸ばして、ただ回すだけの行為がこんなにキツイなんて…。でも腹筋に効くとビリー隊長が言っていたんで、腹に力を入れて掛け声(むしろ奇声に近い)出しました。隊長が休んでいいぞといった途端、DVDごと止めてしまいました。もう今日はここでダウン。続きはまた明日~。
 …って、キャンプって短期ダイエットプログラムなんですよね。1日でどこまでじゃなくて、1日は1日のプログラムをこなさなきゃいけないんですよね?もしかして、我のやり方は間違っているのか!?
 いや、普段運動をしない人がこれをやったら間違いなく10分ももたないと思うから、やっぱり少しずつでいいのかな…?ま、少しずつやっていくか。
 最近運動不足の我は、昨年まで夏用に穿いていた短パンが今年は入らなくなってしまい、今話題のビリーズブートキャンプで体を絞る事にしました。
 この間の身体測定で168cm65kg・体脂肪率が21.4%を記録。さすがに腹回りが出てきてしまったかなという感じがするので、初の運動ダイエットに挑戦してみます。

 まずは第1日目から。我はビリー隊長と違って生身の身体なので、最初は10分弱のストレッチを2セット行いました。久しぶりの運動をしたためか、ストレッチをしただけでもう腕も足も尻もプルプルしてます。これで、明日筋肉痛なんてなったらカッコ悪いなぁ。
 テンポが速いから、DVDを見ながらだと難しいところがありますね。何回もやりながら身体に覚えさせていかなくちゃダメですね。隊長の掛け声とノリのいい音楽にノセられてあっという間に終わりました。楽しく出来ましたね。ただ我の欠点は三日坊主という事。この点に注意して、毎日コツコツと頑張ってみます。
 普段、試合のない日に贔屓のチームだけが試合をしていると、変なドキドキワクワク感がありますね。それもチームの調子がいいからでしょうか。

 雨で試合が2回もお流れになってしまったこの試合。今日の先発はハマのおじさん・工藤。強力ロッテ打線にどこまで立ち向かえるかが焦点でしたが、あれよあれよと言う間に7回までは無失点ピッチング。8回は連打を喰らい2点を失うものの、後続が何とか締めて今季2勝目。7回2/3イニングを117球の熱投。44歳という年齢を感じさせない投球でロッテ打線を封じました。
 打線はここに来て金城の打棒が上向いてきました。3打数3安打で迎えた最終打席。ここで2塁打が出ればサイクルヒットもありましたが、単打で終わりました。それでも4打数4安打と結果を出し、今日の勝利に貢献。
 今年は仁志小池も昨日の佐伯もそうでしたが、サイクルヒットを狙える打者が多い感じがします。集団スポーツである以上、個人の記録は二の次ですが、ここ最近は出ていないみたいなので、機会があったらぜひ狙ってもらいたいですね。まぁ後一本が出ないから難しいんでしょうが…。

 5連勝で貯金を3まで戻し、2位中日との差が1.5まで縮まり、いよいよ竜の尻尾を捕らえる事が出来るかというところまできました。
 明日は交流戦優勝を決めた日本ハムとの対戦。日本ハムとは現在1勝1敗1分と明日で完全に決着がつきますが、考えてみるとダルビッシュや、交流戦5勝・防御率1.01のグリンと対戦をしていないんですよね。まぁ巡り合わせなんでしょうが、彼らと対決してどこまで通用するかというのも見てみたかったですね。
 超豪華なメンバーとは裏腹に最悪なコンディションで行われた宝塚記念。いい馬場でやってもらいたかったですね。さて、結果です。

 1着:◎ 6アドマイヤムーン
 2着:△17メイショウサムソン
 3着:  5ポップロック

 アドマイヤムーンはみてても負ける要素がなかったですね。全てにおいて完璧にレースを運べたんじゃないかと思います。中距離でこの馬に敵うのは日本にはいないんじゃないでしょうか。
 メイショウサムソンも好位から抜け出す競馬でしたが、アドマイヤムーンの脚色には敵わずでした。でも凱旋門賞へ向けてのいい弾みとなったのではないでしょうか。この距離ではアドマイヤムーンが優勢と見ていた我には、後200m伸びる凱旋門賞ではいいレースが期待できると思います。ウオッカと同じくステップレースを使って欲しいですけどね。
 3着のポップロックはよく突っ込んできました。6歳馬ですが、だんだんと中距離もこなしてくるようになりましたね。良くあの位置から突っ込んできたと思います。

 ウオッカは入れ込んでいたせいか、落ち着きがなかったですね。レース中でも四位騎手が懸命になだめているのを見て、今回はダメかもな~と思いました。でもこれも経験の1つとしてみれば悪くないと思います。これだけの豪華な古馬相手にもまれ、重馬場も経験しましたから、これからでしょう。8着でしたが、この結果は決して悲観するものじゃないと我は思います。
 ダイワメジャーはやはり-16kgが響いたんでしょうか。見せ場も作れずに11着に敗退。距離延長も響いたかもしれませんが、明らかにこれは調整ミスでしょう。秋の巻き返しに期待です。
 カワカミプリンセスも好位から抜け出す競馬をしましたが、男馬には敵わずといった感じでした。
 シャドウゲイトは金杯を見ていた限りでは、このコンディションに一番合っていたのではないかと思ったんですが、相手のレベルが全然違いましたね。秋の天皇賞に期待したいところです。

 海外も含め、いろんな意味で凄かった春のG1戦線。最後に的中させることが出来ましたが、予想する側としてはホントに難しいレースの連続でした。ここでひとまずG1はお休みで、次は9月30日のスプリンターズSから秋のG1戦線が始まります。それまでは夏競馬で楽しみましょう。夏競馬も予想していきますので、またよろしくお願い致します。
 昨日の勝利で久々の貯金生活となりました。6連敗・8連敗と大型連敗がありながらも、ここまで持ち直したことに大きな意味があると思います。日本ハム14連勝みたいな大型連勝はありませんが、連勝しても連敗しない試合運びで、ここ10試合は8勝1敗1分の好成績。流れがいい感じになっております。

 昨日は三浦が登板。例年、三浦が投げると援護がないというジンクスがありましたが、今年はそれがやや解消されつつある感じがします。昨日も9回2アウトからホームランを一発浴びてしまい、完封を逃してしまいましたが、134球の完投勝利。打っては先頭打者で2塁打を放ち、先制のホームを踏むなど、打の方でも活躍。
 4番・村田も久しぶりのホームランで効果的に加点(打点も久しぶりな気がする)。8回にもダメ押しの一発。これで上り調子になってほしいですね。
 エースと主砲の勝利で、交流戦最後の4連戦のアタマを取る幸先のいいスタートを切りました。オリックスにはアウェーで連敗しているので、今日も勝って五分に戻したいですね。
 日本ハム交流戦優勝が決まりましたが、交流戦の順位が横浜も何気に4位、セ・リーグでは2位になるなど、過去の成績からすると大健闘と言えるでしょう。オリックスロッテ日本ハムと試合が残っていますが、この調子を維持して欲しいですね。

 それにしても昨日は親会社の扱いが酷かった。日本テレビは巨人戦、フジテレビはヤクルト戦を中継しているのに、TBSだけ何もなし…。しかも再放送番組を放映する体たらくぶり。野球中継あるときは巨人戦か阪神戦のみ。今年の交流戦を放送したのは1度もなし。
 …TBSよ、本当に横浜ベイスターズの親会社なのか?
 もう1年も半年が過ぎようとしているんですね。月日が経つのは早いものです。
 さてさてやってきました、春のグランプリ・宝塚記念。荒れに荒れまくった今年のG1戦線の締め括りに、超豪華メンバーが集結したこのレース。過去でもこんなにメンバーが揃う事ってなかったんじゃないでしょうか。どれを柱にするか迷うなぁ~。

 ◎ 6アドマイヤムーン:こんな豪華なメンバーだが、本命はアドマイヤムーン。初の59kgを背負った京都記念は最後はバテるもポップロックを凌ぎ切り、ドバイデューティーフリーではダイワメジャーを一蹴。クイーンエリザベス2世カップでは3着に負けるが、中距離なら抜群の安定感を持つ。乗り替わりとなる岩田騎手の手腕にも期待。
 ○ 2ウオッカ:初の古馬戦。ダービーの時と同じ心境ですが、とにかくこの後には凱旋門賞が控えているので、弾みをつけてもらうためにもぜひ勝ってもらいたい。無理はして欲しくなかったんですが、負けてたとしても怪我さえしなければ、それでよかです。
 ▲11ダイワメジャー:距離に不安があるが、昨年は4着。暮れの有馬記念でも3着に入るなど健闘を見せている。安田記念の勝ちでドバイDFの負けを払拭した感があり、調子もいいと見る。5勝目のG1勝ちなるか!?
 △17メイショウサムソン:本来なら本命候補だが、海外中距離G1を勝ったアドマイヤムーンやシャドウゲイト、ウオッカのダービー制覇の印象が強すぎて、どうにも影の薄い感じがしているメイショウサムソン。そういやこの馬も凱旋門賞に行くんだった。世代最強を勝ち取るためにも、ここは負けられない。
 △14シャドウゲイト:今年の金杯勝ちからシンガポール航空国際カップを完勝し、ついにはG1馬の仲間入り。2000mではいい成績を残しているので、穴として面白そう。

 以上の5頭をあげました。ポップロックには距離が短いし、カワカミプリンセスは初の牡馬との対戦。それにヴィクトリアマイルでの負け方がいただけなかったため、無印にしました。
 おそらくアドマイヤメインアサクサキングスが逃げる展開で、シャドウゲイトダイワメジャーがそれを追う展開となるでしょう。何だかハイペースの予感もしますが、逃げ切るか差しきるか。どちらにも有力馬が控えているので、果たしてどういう結果になるか見ものです。
 今日は久しぶりにマクドナルドで昼食を済ませました。マクドナルドと言えば、今話題のメガてりやき
20070622233448.jpg

 これ食べるんなら、てりやきバーガーを2つ食べた方が安いんじゃねーの!?と思うんですが、まぁそこは今ホットな商品ですから、てりやきバーガーをあまり食べない我でもついつい手が出てしまいました。

 んで感想はというと、ボリュームあり過ぎ。こりゃ太るわ( ̄Д ̄;;一個食べただけでもナンか太った感じがしてなりません。食べた後、バーコードリーダーで栄養情報を読み取りました。すると、エネルギー903kcal!さらに脂質64.3g!!まさかこんなにあるとは露知らず…。ダブルチーズバーガーなんか追加するんじゃなかった…
 この2つで脂質の摂取量は今日1日分を大幅にオーバーしてしまいました。体重計に乗るのがこわひ…

 正直なところ、カツ丼を食べた方が腹が膨れるだけいい気がしました。たぶんもう食べる事はないでしょうね。ごちそうさまでした。
 なんと!ソフトバンク相手に今年は負けなしの4連勝!!9回裏に小池がサヨナラ本塁打を放ち、4-3でサヨナラ勝ち。そして5割復帰のオマケまで付きました。
 8連敗した時はこのままズルズルと最下位になっちゃうのかなと思いましたが、5割に復帰するまで来ました。今年は何かとドキドキさせてくれるシーズンです。

 今日は寺原が先発で、点を取ったら取られるという悪い展開。6イニングを3失点にまとめましたが、内容があまりよくなかった感じがします。監督インタビューでも大矢監督はご立腹の表情でした。(寺原が先発の時にブログを書く事が多いけど、別に寺原を贔屓しているわけではないです。)

 昨日は22:00まで学校にいたので、試合を見る事はできなかったんですが、昨日の吉見完封勝利が流れをつけたのではないかと思います。金城も2試合連発で調子がいいみたいだし。金城にはホームランを期待しないですが、チャンスで多く打って欲しいですね。まぁ今日のは効果的な一発だったのでGJでした。石井も今季1号を打ったし、今日は意外な人がホームランで加点しました。大砲と呼ばれる村田・吉村も頑張ってもらいたい。
 
 それにしても、勝っている割には上位との差が詰まらないですね。交流戦だから、結果によってゲーム差が縮まらないのは仕方のない事ですが…。
 この後はオリックスと2試合、日本ハム千葉ロッテと1試合ずつと交流戦上位チームと対戦。最悪でも2勝2敗で乗り切って、リーグ戦中盤戦に備えたいですね。
 今日行われたマーメイドSの予想結果です。

 1着:△7ディアチャンス
 2着:▲9サンレイジャスパー
 3着: 4ソリッドプラチナム

 予想通りシェルズレイコスモプラチナが逃げる展開でしたが、シェルズレイは想定外の大逃げでしたね。あれは入れ込んでいたんでしょうか。それとも久々のレースから来るモノだったんでしょうか。それでも4着に入るところは実力を見せたといったところですね。ミスベロニカも軽ハンデを生かせずでした。

 さて来週は宝塚記念です。今年のG1は大波乱の連続でしたが、春の総決算はどうなるでしょうか。海外G1馬今年・昨年のダービー馬が出走するなど、例年にない実績のある豪華なメンバーが出走。おそらく人気は割れるでしょうが、どの馬が人気を集めるか注目されます。今からどの馬に絞るかが悩みどころですね。
 先週は気分が落ち込んでいたので予想どころではなかったですが、今週はちゃんと重賞の予想をします。今週はマーメイドSですが、これもまた柱がおらず難しい予想になりそうです。ハンデは48~56kgと実に8kgもの差がありますが、どうなりますことやら…。

 ◎ 5ミスベロニカ:まだ3戦で前走500万条件を勝ったばかりのこの馬を本命にします。初めての古馬との戦いになりますが、ウオッカ世代(我が勝手に命名)のこの馬が何かやってくれそうな気配がします。最軽量の48kgでの出走もおいしいところです。
 ○10コスモプラチナ:前2走の結果のみで判断。おそらくは逃げて自分でペースを作るものと見る。51kgの斤量で出走できるのも面白い。
 ▲ 9サンレイジャスパー:ここ最近は結果が出ていないが、夏は好成績を収めている。昨年もこのレースで2着に入っており、ここは期待したい。
 △ 1シェルズレイ:昨年のエ女杯以来の出走。こちらも逃げ足が持ち味だが、コスモプラチナと先頭争いを演じるでしょう。久々の分だけ評価を1枚落としました。
 △ 7ディアチャンス:53kgでの出走だが、安定した成績を残している。1800mで結果を出しているから2000mでも大丈夫でしょう。

 以上の5頭をあげました。それにしてもハンデ戦は難しいですね。この中で何とか引っかかってくれれば…。


 今日から2歳戦が始まりました。来年のクラシックへ向けての戦いがもう始まります。注目はエアグルーヴの仔・ポルトフィーノでしょう。5馬身差の快勝で、良血馬の片鱗を見せました。エアグルーヴの仔はアドマイヤグルーヴ以外は活躍している馬が見当たらないので、ジンクスを破って大きく育って欲しいですね。
 今日は学校の近くにあるとり鉄という店で飲み会をして来ました。10人中7人来たんですが、店内の端々には同級生達も居たりして、何だかアットホーム的な雰囲気での飲み会でした。

 今回の飲み会は、我としては班としては同じ行動を共にしていましたが、あまり会話とかした事はなかったので、いい機会だったので積極的にコミュニケーションを図ってきました。こういう時って飲み会が一番いいですよね~( ̄▽ ̄)b
 ただ、今回は飲み会が始まる1時間半前に知らされたため、お金の準備ができなかったので1次会で帰ってきました。次はもう少し余裕を持って準備をして欲しいですね。でも、今回のグループともまたうまくやっていけそうな感じがしました。

 皆の衆、またやろーぜい!!
 今日という日が来るのがすごく不安でした。先週の今はパーシャルデンチャーの鋳造を失敗してしまい意気消沈していた我ですが、今日はその鋳造に何とか成功しました。金パラを溶融して遠心器を回している間はもうホントに神様に祈る気分でした。
 出来上がった鋳造体はバリのオンパレード。もういたるところにバリが出てしまい、イントラに見せたら「こりゃすごいな」と言われる始末。バリを取っているのに時間がかかってしまい、研磨する時間が全然足りず、目茶苦茶中途半端な状態で提出となってしまいました。
 それでも先週の今頃とは天と地ほども気分の良さが違います。製作物がうまく作れるってこんなにも気分のいいものなんですね。
 交流戦絶好調だった日本ハムを相手に2-1で勝利し4連勝!!調子が右肩上がりになってきました。交流戦も半分を折り返し、残すところあと8試合。8連敗した後ですぐに6連敗するなど、復調の兆しがみられなかったベイスターズですが、ここにきて調子を取り戻してきた感じがしました。

 今日はyahoo動画で試合をみていました。先発は今やハマのエースと言っても良い寺原。終盤は危なっかしくてもう見てられませんでしたが、ピンチで金城のファインプレーなどもあり反撃の芽を摘むと、代打・種田の先制2点タイムリーで均衡をやぶり、最終回は満を持してクルーンが登板。しかし打者2人で1点を軽く献上してしまいました。下位打線とはいえナメてかかれない日ハム打線がさすがです。何とか最後は振り切ったものの、野球はゲームセットまで何が起こるかわかりませんから、1点差じゃ安心して見ることができません。

 今日はセ・リーグでは横浜だけが勝つという珍しい日でした。西武が連敗を10で止めたり、楽天田中将大がプロ初完封勝利を達成するなど、横浜の相手じゃない時で良かったとつい思ってしまいました(他球団ファンの方々、ごめんなさい)。

 報道ステーションで田中の投球を詳しく放送してましたが、2回の満塁のピンチを抑えるなど、高卒ルーキーらしからぬ投球で150球の熱投。ドラフトでは横浜も彼に入札しましたが、楽天に行ってよかったな思います。大きく飛躍してもらいたいですね。
 なんとなくゲーセンに立ち寄ったのでQMA4をプレイ。未だブルーな気持ちを引きずっているままなので、1回のプレイのみ。写メを撮っておくのを忘れてしまいましたが、まだドラゴン組で頑張っております。

 1回のプレイでしたが魔道士9級にあがり、賢者への道へまた一歩前進しました。それにしてもドラゴン組では勝てないなぁ…。
 昨日のCBC賞で落馬した安藤勝己騎手ですが、そんなに大したケガじゃないらしいのでひとまず安心でした。

 さて、本題のウオッカ宝塚記念出走についてですが、個人的には登録のみで出走はしないのではないかと考えます。出走すればそれはそれで盛り上がるでしょうが、ウオッカの場合は9月17日の前哨戦を経て凱旋門賞という大きな目標があります。夏は早めに出発して現地で調整するのがいいのではないでしょうか。
 我としては宝塚記念より凱旋門賞の方が楽しみなので、間隔を詰めずにゆったりとしたローテーションで最善の方法を尽くして欲しいですね。

 話は変わりますが、アメリカ三冠レースのひとつ・ベルモントSで102年ぶりに牝馬のラグストゥリッチーズが優勝しました。64年ぶりにダービーを制したウオッカといい、この馬といい、今年は牝馬躍進の年でしょうか。牝馬の活躍にますます目が離せません。
 今週は木曜の鋳造失敗が後を引きずってしまい、何にもやる気が起きず、ついには重賞予想まで放棄してしまうという大失態を犯してしまいました。いつもこのブログで我の競馬予想をご覧になっている方々にお詫びを致します。申し訳ありませんでした。

 とりあえず予想はしてませんが重賞の結果だけでも。

 エプソムカップ

 1着: 2エイシンデピュティ
 2着:17ブライトトゥモロー
 3着:14サイレントプライド


 CBC賞

 1着: 5ブラックバースピン
 2着:11ナカヤマパラダイス
 3着: 6アグネスラズベリ

 エプソムカップはフレンチデピュティ産駒が1~3着を独占。近走で好走していた馬が調子の良さを見せたレースでした。
 CBC賞は落馬したアンカツ騎手が気になります。直線走路だっただけに無事であってくれればいいのですが…。

 来週のマーメイドSはちゃんと予想しますので、またよろしくお願い致します。
 今日は北海道から母親の弟さんが横浜に帰ってきており、突如近所の飲み屋で夕食となりました。ここは、母親の知り合いが経営しているお店で席がすぐに都合がついたので、急遽決まりました。顔が広いって良い事だなとつくづく思い知りました。

 まずは出始めに生ビールから。ぐいっと一気に半分近くまで行き、すぐに2杯目に。親と飲む事自体が数えるほどしかなく、「あんた、そんなに飲んで大丈夫??」みたいな事を言われましたが、我もビール2杯で潰れるほどヤワじゃないので、ぐいぐいいきました。
 ここら辺で食事に集中しようと思いましたが、親連中はすでに泡盛でできあがっていたので、我も3杯目はライチ酒をいただき酒類はここで終了。すでに頭はフラフラ状態。食事も軽く済ませてお店を出ようとした時、女将さんが泡盛を1杯ご馳走してくれました。
 我は泡盛を飲んだ事がなく、興味津々で一口いただきました。アルコール度の高い酒って、あんまり飲んだ感じがしないんですね。飲んだ瞬間、味わったというよりも口の中で蒸発してしまったという感じが強かったです。

 前述の通り、頭がフラフラ状態だったので帰ってきてからの記憶がなく、いつの間にか寝ており、気がついたら23時を過ぎてました。
 そういや横浜ベイスターズが1-12で大敗していたのだけは覚えているなぁ。今日は先発が加藤だったけど、もういい加減に加藤の先発起用はやめてほしい。明らかに適正がないように思う。いつだったか2・3年前も先発をしていた時期があったが、あの時と同じで、先発登板だといつも打たれる。勝ち投手になった時以外は5イニングも投げずに降板してるのがほとんどだし…。それで1週間投げないなんて愚の骨頂。そんな先発はどこの球団にもいないよ。彼は中継ぎで見ている方が安心できる。ホセロの調子が落ち始めているし、頼むからまた中継ぎの位置に戻ってもらいたいな。
 パーシャルデンチャーの鋳造から今日の実習が始まったんですが、クラスプ部分に金パラが流れずに失敗に終わった…。結局、耐火模型のワックスアップからやりなおしになってしまい、埋没操作までで終わり。
 これじゃ1週間前と何ら変わらない状態で実習が終わってしまい、他のみんなは熱処理から研磨まで行っているのに、我はまた鋳造操作からやり直し。来週は鋳造しーの、スプルーを切りーの、熱処理やりーの、研磨しーの、提出しーのだから、目茶苦茶忙しい木曜日になりそう。

 鋳造操作を今まで失敗した事のなかった我にとって、この回り道はすごいブルーな気分にさせてくれます。まぁ、これを教訓にもう失敗しないようにせねばいかんですね。

 …すんません。メチャメチャつまらん我の独り言でした。
 一昔前にガンダム占いって本が売られているのを思い出し、ふと我をサラブレッドに当ててみると何になるのか、占いを結構信じる方だし、サイトからいくつかをチョイスしてやってみました。

 検証 其の壱:http://u-maker.com/179082.htmlにて。

 氏名・生年月日を入力したところ、トウカイテイオーとの診査が出ました。以下は結果から抜粋。
 トウカイテイオーさんのあなたは、冷静に物事を処理することが得意です。頭に血が上ったときでも、すぐに冷静さを取り戻すことができます。また、世間一般の型にはまった知識よりも、実際の社会で役立つ実践的な知識や経験を好みます。頭の回転が速く、なんでもそつなくこなしてしまうので、のんびりしたペースをあまり好まないようです。マイペースな人には、少しおおらかな気持ちで接してあげるとよいでしょう。恋愛に関しては、お互いが持っていないものを持っている相手と長続きします。何事もフォローしあったり、刺激を受けあえるようなパートナー的存在が見つかれば、あなたも相手も互いに成長しながら愛を育んでいけるでしょう。
 ドラマチックな君にはいつも周りに人がいてあなたの魅力は衰え知らず!いつまででも永遠のヒーローです
 開運乗り物は、ママチャリです!

  
 このサイトで苗字と名前の間を空けたら、開運乗り物がロバ
…ロバって何よ??


 検証 其の弐:http://u-maker.com/109537.htmlにて。

 壱とサイトは似ていますが、馬が微妙に変わっています。ここでの我はテイエムオペラオーでした。以下は結果より抜粋。
 テイエムオペラオーさんのあなたは、みんなに慕われる親分タイプです。物事に動じない強さと、明るく真っ直ぐな性格が魅力。周りに振り回されて右往左往するようなこともなく、常にどっしりと構えています。そんなあなたを、周囲も頼もしく思っているはず。また、何事も客観的に見ることができ、分析力に優れています。協調性もあり、相手をよく観察して駆け引きする能力もあるので、交渉ごとも得意としています。ただ、持ち前の面倒見の良さゆえ、必要以上に人に尽くしてしまうところがあります。せっかくの客観的に物事を見る力も、情におぼれて見えなくなってしまうことも。常に冷静さを心がけていれば、それも回避でき、周囲の信頼はさらに厚くなるでしょう。

 壱と弐は似たような感じのサイトですが、作り手が違うとここまで違うんですね。ただ似ていたのは6月5日の占いは壱が10位、弐が11位とあまりいい結果ではないという事ですね。


 検証 其の参:http://homepage2.nifty.com/mi2_tom/i-mode/turf/i-sarabred.htmlにて。

 こちらは生年月日を入れるだけのシステム。するとサイレンススズカとの判断が。すると、
 直感で動き短気な面があります。冷静に競馬新聞に目を通して印どおりの本命・馬連狙いで買いましょう。人望があるあなたは競走馬にたとえるとサイレンススズカタイプです。
 どうやらここは馬券の買い方の占いみたいですが、直感で動き短気な面があるのに人望が厚いって、どういう事でしょうか?サイレンススズカってそんなに短期だったんかな…。


 検証 其の四:http://homepage2.nifty.com/piero/sub8.htmにて。ここは占いではなくこれからの将来の予言ですね。

 こちらも生年月日を入れるのみ。するとミホノブルボンのような将来と出ました。
 あなたの特徴は、向上心が高くよく働きます。夢を実現させるためには根気よく続けて、力を発揮させます。本音が言えないので、愚痴が多くなりがち。
 あなたの未来は、あなたの努力によって、着実に信用を得て出世していきます。でもライバルに大きな手柄を横取りされことも…。

 マグニテュードという成功例の少ない種牡馬から、無敗でクラシック2冠・菊花賞2着はすごい成績ですよね。しかし3歳で引退し、種牡馬成績も良いとは言えず。これを我に当てはめると…
 仕事(勉強)は頑張れば結果はついてくるという暗示ですかね。ただ種牡馬成績が良くない事を考えると、子宝に恵まれない=恋愛(結婚)はうまく行かないって事でしょうか。相手もおらんですが…(T-T) ウルウル


 検証 其の伍:ウマウラナイにて。

 生年月日・血液型を入力。すると我はシルクジャスティスでした。結果は貼り付けると長いから省きますが、ここでは不器用ながら人から頼られるタイプみたいです。


 検証 其の六:http://www5a.biglobe.ne.jp/~HARK/uma-u.htmlにて。

 上の占いとは違い、20問の質問を答える形式です。この手の方式って我は苦手ですね…。んで、出たのがサクラエイコウオー
 貴方は強い、真っ直ぐ走れば。あっちへフラフラ、こっちへフラフラ何処へ行くか分からない危うさがある。ちゃんと道なりに走ろう、道を踏み外さないように。周りの人の事は気にせずに、ありのままの自分をだそう、そうすればあんたは強い。
 地味~な馬が結果として出ましたが、こちらは占いというより我に対する忠告のような感じがしますね。道を踏み外さないように…か。確かにその通りですね。
 
 と、占いで何をこんなに考え込んでんだ!?みたいな感じもしますが、どの占いも多種多様で面白いですね。どれが我に一番近いんだかワケがわかりませんが…。
 遅ればせながら、土曜に放送された人志松本のすべらない話の第一部を見ました。

 全体的には第二部の方が面白かったかな。第一部は少々パンチに欠けた感じがしました。次長課長・河本の家族話を聞きたかった我としては、不発に終わった感が…。もう少し話を聞きたかったですね。
 メッセンジャー・黒田のトイレを壊したオカンほっしゃん。ダイナマイトは面白かったなぁ。個人的にダイナマイトはMVSの車屋さんのキクチと同等の評価ですね。第一部のトリにふさわしい話でした。
 土曜のユニコーンSならびに日曜の安田記念の予想結果です。

 ユニコーンS

 1着:○ 6ロングプライド
 2着:◎ 8フェラーリピサ
 3着:△11ナムラジョンブル
 
 ユニコーンSは印が逆になったものの、久しぶりに1~3着が的中。3番手に推してたドラゴンファイヤーがゲート内で暴れだし競走除外。隣にいたシャドウストライプもその煽りをくった形となったのか、直線は全然伸びず。しかし、ナムラジョンブルは前で粘り、ロングプライド・フェラーリピサにかわされるも3着を確保。やはり上位2頭は強かった。この2頭は間違いなくジャパンダートダービーに向かうでしょう。


 安田記念

 1着:○ 2ダイワメジャー
 2着:  5コンゴウリキシオー
 3着: 18ジョリーダンス

 ダイワメジャーG1・4勝目を飾りました。最後はコンゴウリキシオーが逃げ切ったかなと思った数メートルのところできっちり差しきっていましたね。ここら辺は2ヶ月ぶりでも今までの経験がモノを言ったという感じのレースでした。
 逃げたコンゴウリキシオーも強かった。正直、ここまで強くなっているとは思いませんでした。この距離がベストなんでしょうか。
 ジョリーダンスも前でしっかりと粘りました。
 4着にはハナ差でアドマイヤキッス、5着にスズカフェニックス、6着にエイシンドーバーと印を付けたのが続き、もう一息足りませんでした。特にアドマイヤキッスは15番人気とあまり人気薄でしたが、後一歩前に出る事ができませんでした。でもあそこまで突っ込んできたので、調子は悪くなかったみたいですね。
 スズカフェニックスもよくあそこから突っ込んできましたが、エンジンのかかるのが遅かったですね。

 長く続いたG1も春シーズンは3週間後の宝塚記念を残すのみ。海外G1を獲得したアドマイヤムーン・シャドウゲイト、国内ではメイショウサムソン・スイープトウショウ・カワカミプリンセスあたりが出走するでしょう。ダービー2着の3歳馬・アサクサキングスも参加するみたいですし、体調次第ではダイワメジャーの参加も考えられます。何にせよ、例年以上の豪華な顔ぶれとなりそうです。
 人志松本のすべらない話を第二部からでしたが見ました。まだ第一部を見ていなかったんで、全部を把握してはおりません。
 やっぱりキム兄車屋のキクチさんの話はホントに面白かった。最後はすべらない話を通り越して、別の世界の話になっていましたね。
 秋元康も言っていましたが、アレだけ長いのに飽きがこなかった。MVS(Most Valuable すべらない話)に選ばれただけはあります。最後のノーカット版も合わせて2回満足できました。あの後のキム兄キクチさんのその後も聞いてみたいですね。

 我的には、さまぁ~ず・大竹のタイの偉いお坊さんとフットボールアワー・後藤の無言電話の話も面白かった。松っちゃんの駐車場に閉じ込められた話は、ガキの使いか何かで聞いたことがあった感じがしたんですがね…、気のせいかな?
 この番組、またゴールデンタイムでやって欲しいですね。これを深夜でしかやらないなんて、もったいなさ過ぎる!ただ、ゲスト50組の人選はもう少し何とかならなかったですかね。各界の著名人が集結!と書いてあった割に、8割方がアイドルやモデル・タレントと似た者同士ばかり。石坂浩二や宇梶剛士などの男性陣が逆に浮いている感じがしました。この辺が少しがっかりした点ですね。
 さて明日は安田記念なワケですが、例年以上に人気が分かれておりますね。人気になっているダイワメジャーとスズカフェニックスは2ヶ月弱の休み明けぶっつけだし、香港勢も調子がいいみたいだし、今年のG1は荒れまくっているし、何にしようか迷うなぁ…。

 ◎ 8スズカフェニックス:いろいろ考えましたが、これを本命にします。スプリンターというよりはむしろマイル向きだと思うし、何より1600mの実績もいい。東京コースでの追い込みもプラス材料。ただ休み明けというのが唯一の不安材料。
 ○ 2ダイワメジャー:やっぱり実績を考慮すると、上位はこの2頭以外では考えられないな。脚質の違いだから仕方ないけど、爆発力を考えるとスズカフェニックスよりは劣るかな。直線の長い東京コースで天皇賞も勝っているから、甘くはみれない。
 ▲ 9ジョイフルウィナー:昨年の3着馬。昨年よりも調子がいいらしいから3番手に。香港馬は日本でもいい成績を残しているため、軽視できない。外国馬の中では優勝筆頭候補。
 △ 3アドマイヤキッス:今年は2戦していずれも負けているが、上がり3F33秒台をたたき出しているところを見ると、調子は悪くない感じ。位置取りさえ間違わなければ、上位につっこんでくるはず。
 △10エイシンドーバー:前哨戦・京王杯SC優勝馬。去年は最低人気で惨敗だったが、それ以降は成長の跡も見られ、重賞も勝った。いいところを見せて欲しい。

 以上の5頭をあげました。3歳秋に古馬と戦う姿に感銘を受け応援していたマイネルスケルツィですが、東京コースで勝てていないデータが出ているため、今回は外しました。

 混戦模様の安田記念ですが、はてさて何が来るものやら…。
 久しぶりに土曜の重賞を予想します。今日はユニコーンSです。大概ここを勝った馬は大井のジャパンダートダービーに向かいますから、今回はそれの前哨戦といった感じでしょうか。
 明日の安田記念に向けて我としてもステップレースにしたいところです

 ◎ 8フェラーリピサ:ダート戦での実績は凄まじい。皐月賞後は兵庫CSに出走し快勝。ダート戦は3戦負け知らずで、着差も大きく引き離しての勝利で外国産重戦車。ここでも不動とみる。
 ○ 6ロングプライド:フェラーリピサが外車なら、こちらは内国産重戦車。4戦3勝ながら、強い勝ち方でのし上がってきた。フェラーリピサと勝ちを争う。
 ▲ 5ドラゴンファイヤー:前走の条件戦を圧勝し、東京のダート1600mは3戦2勝、2着1回と波に乗る。上位2頭に食い込むか。
 △ 4シャドウストライプ:ダートで3戦3勝後、NZT→マイルカップの道を歩むも、芝が不適だったのか惨敗。ダートでは無敗だが、サクラバクシンオー産駒でマイルがもつかが悩みどころ。
 △11ナムラジョンブル:今回のダークホース。アグネスタキオン産駒はダートでは未知数だが、未勝利・条件戦を圧勝。今回の狙い目。

 以上の5頭を挙げました。
 今日は5年生のOSCEテストランのため学校がお休み。1日は映画が一律1,000円と言う事もあり、パイレーツ・オブ・カリビアン(以下、パイカレ)を観て来ました。

 正直なところ、速いテンポで進んでいくため、何がどうなっているのか、1回観ただけじゃあまり分かりませんでした。ただこれでホントに完結なの!?という感じでした。

 いくつかの謎が残ったままです。
 前作のデッドマンズ・チェストのラストシーンで、ジャックはクラーケンの餌食にされましたが、ワールド・エンドでは多少の精神混乱はしているものの孤島にひょっこり現れて、そのまま何事もなかったかのように話が進んでいくところ。
 ラストでブラックパール号はバルボッサが抜け駆けに成功するも、海図はジャックの手の中にあり、フロリダに行けと指し示したりするあたり、何だかまだ続きがありそうな感じがしないでもないです。
 ジャック、ウィル、エリザベスの三角関係も今作で決着が着きます。ああいう感じで結ばれるのも、逆にパイカレっぽくていいんじゃないかなと思います。

 エンドロール後、ほんの1分ほどですが、その後のストーリーもあります。これを観た後で最初を観ると、まさか…と思うんですが、それは考えすぎでしょうね。

 パイレーツ・オブ・カリビアンって作品はシリーズを通して理解しておかないと、後々の展開が訳が分からなくなってしまいますね。次に観る機会があるまで、前2作を観直さないと…。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。