ヒマジンの言霊

ようこそ!!ここでは日記にスポーツに競馬にゲームにと、のんびりまったりと、時には過激に、思った事や好きな事を書いていくブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 昨日からプレイしだしたドラゴンクエストソードが思いのほか面白い。昨日は必殺剣が出せないとか行ってたけど、いやいや出せないのは突きでした。逆に必殺剣はそんなに難しくなくなりました。練習しても突きがなぜか斬るになってしまう。これじゃ爆弾岩の誘爆を誘えないです…。

 今日は福引きに挑戦してみました。いやー、ゲームをしていてこんなに腕が痛くなったのは初めてです。リモコンコントローラーをグルグル回す回す。その割には思った成果が上がらず、結局リセット。こんな状態がずっと続いたので、10回くらいで諦めました。正しくハイリスク・ノーリターン。

 今日は第5章をクリアしたところまで進みました。アークデーモンがやたら強かった。連れていたディーンが道連れになってしまいました。何でこんなにダメージ食らうのかと思ったら、ステテコパンツを装備したままだった…。ボーナス+200点を引き換えに世界樹の葉を2枚失いました。結果的にクリアは出来ましたが、これもハイリスク・ノーリターンでした。

 今は武器が烈火の剣、オーロラブレード、いなづまの剣にまでなっているので、そろそろ金塊を手に入れたいですが…、福引きは全然当たらないし、小さなメダルで交換するしかないのかな。メタルキング鎧を手に入れるまで頑張りたかったけど、致し方ないか。
スポンサーサイト
 今日はぶらっと何かないか、周辺を散歩。ソフマップで、「おどる メイドインワリオ」と「ドラゴンクエストソード」が1,980円!スマブラXをプレイしている最中だけど、ついつい手が伸びてしまいました。あとついでに、Wii用の有線LANアダプタも購入。しめて5,000円弱。これが高いか安いかはこれから分かるでしょう。

 まずはメイドインワリオから。GBAのメイドインワリオしかやったことがなかったんですが、テンポがいいですね。傍から見ると本当に踊っているように見えます。リズムもいいし、ノリノリで進める事ができます。個人的には構えの説明をしてくれる外人(風)の声がすごく好きです。あのしゃべりには思わず笑ってしまいますね。今はナインボルトのステージまでクリアしましたが、ナインボルトと、モナのステージが今のところお気に入りです。ドリブルのラジオから流れる音楽は、GBA版のヤツと同じですかね。あれもいいです。
 プレイしていてたまにリモコンコントローラーが反応してくれない時があります。あれが今のところ最大の欠点ですね。でもどうしてそうなるんだろう…
 
 お次にドラゴンクエストソードをプレイしました。これって2作目なんですよね。1作目はプレイしたことないからわからないけど、ドラクエという事で番外編でもちょっと気になっておりました。最初は操作に一苦労。特に一番難しいのが必殺剣。気合い斬りが思いのほか全然うまく出せない。稽古場で練習しても、4回に1回出る程度。だからもう必殺剣のゲージが貯まってもシカト。その後、鋼の剣に強化して覚えた爆裂剣が使えるので、専らこちらを選択しています。
 第3章のブレイゲ山までクリアしましたが、これはもう稽古場でリモコン操作を慣れるしかないですね。それにしても第3章は中々面倒臭かった。ここでSランクを出すのは骨が折れますね。とは言っても、他のステージでもSランクはまだ出していないですが。

 今のところ、この2つのソフトを買って正解でした。それぞれ面白みがあって飽きさせません。まだLANアダプタもとりつけていませんが、バーチャルコンソールも楽しみにしています。
 結果発表から1週間が経ち、再試もおわりました。いろいろごたごたがあったもんで、この1週間はやたらと長く感じました。
 正直なところ3月12日まで結果が分からないので、どうしたらいいのか見当もつかないんですが、まぁあとは神のみぞ知ると言ったところに任せて、CBT対策でもしようかなと思っています。確か6月はじめだったかな。今までの基礎系から臨床系の科目までがずらーっと出題されるので、今から対策を立てていこうかと思います。

 上級生に出会うと必ず言われます。「もう今からやっとけ」って。あと3ヶ月弱、この言葉が我の心に響かないと5年になっても無意味な感じがするので、ボチボチやろうかなと思っています。でもCBT対策の本ってやたらと値段が高いな…。
 今週の重賞予想の結果です。

 クイーンC

 1着:▲ 6リトルアマポーラ
 2着: 15ライムキャンディ
 3着:△10ラルケット

 このレースは予想の段階では印をつけていなかったんですが、順番にするとこんな感じでしょう。強い勝ち方だったリトルアマポーラは先が楽しみです。


 京都記念

 1着:○10アドマイヤオーラ
 2着:◎14アドマイヤフジ
 3着:  8シルクフェイマス

 アドマイヤオーラの脚は本当に切れますね。素晴らしいノビでした。今年の中距離戦線はこの馬が軸となる感じがします。シルクフェイマスの前残りは驚きました。最後はアドマイヤフジにかわされてしまいましたが、よく粘りました。6着だったウオッカも3Fは最速だったけど届きませんでした。ドバイに向けて結果はよくなかったですが、内容はそんなに悪くはなかったと思います。


 フェブラリーS

 1着:◎15ヴァーミリアン
 2着:△10ブルーコンコルド
 3着:▲16ワイルドワンダー

 080224_1606~01


 金杯以来の馬券でしたが、この組み合わせでこれだけの配当(28.2倍)になるとは思いませんでした。まぁこう言えるのも的中できたから言えるんですけどね。
 ヴァーミリアンは国内に敵はいませんね。距離に不安がありましたが、これだけの差をつけるとは思いませんでした。圧勝でした。もうこれからは海外に目を向けるべきだと思います。次はドバイワールドカップ。昨年は大きく離れた4着でしたが、この一年で馬が大きく成長したようだし、何とかいい結果を出してもらいたいですね。秋にはブリーダーズカップも視野に入れることができるでしょう。夢が膨らんでいいですね。是非とも挑戦してもらいたいものです。
 ブルーコンコルドはマイルが適性なんでしょうか。最後のノビが凄かった。8歳ですがまだやれるところを見せてくれました。この先も頑張って欲しいですね。
 ワイルドワンダーはもう一歩足りなかった感じでした。思ったより頑張ったのがロングプライドですね。スタートで出遅れての4着ですから、頑張った方だと思います。まだまだこれからの馬だと思うので、今後の成長に期待したいです。
 フィールドルージュが向こう正面で競走中止。馬も歩いていたので大きな怪我じゃないようでしたが、やっと成績も上がり始めたのに…。残念でしたが、次走に期待です。
 今年もG1はこのフェブラリーSから始まります。注目の一頭だったダイワスカーレットが調教中の外傷によって出走を回避し、さらにはドバイへの挑戦も白紙になってしまったのは残念ですが、それでもこれだけのメンバーが揃いました。では予想に参ります。

 ◎15ヴァーミリアン:実績・安定感とも文句なしの日本ダート界の最強馬。ただジャパンカップダートの時ほどの信頼はない。それは距離適正。ダート2000m超を主戦とするこの馬にとって、2000m以下を走るのは2年前のこのレース以来。スピードも必要になるマイル戦だが、今の状態を見るとそれも杞憂に終わるかも。ドバイに向けて、まずはここを勝つことが重要。
 ○16ワイルドワンダー:マイル前後では安定感もあるし、距離適正は文句なしだと思う。実績ではヴァーミリアンが一枚上だが、今が充実しているだけにヴァーミリアンも喰うかもしれない。
 ▲ 4フィールドルージュ:ジャパンカップダートを2着後、交流G1・G2を連勝中で成績も右肩上がりになってきた。武蔵野Sでも4着に入っているし、今の調子がよければ上位も狙える。
 △ 9メイショウトウコン:前走は前残りの決着ながら、直線まで中団後方にいての2着には価値がある。今度は1マイル短くなるが、前走より1kg軽いし、直線の長い東京コースなので末脚も活かせる思う。
 △10ブルーコンコルド:人気薄だが、昨年マイルでは3戦2勝、同レースでも2着に入っている。マイルではまだやれそうな感じがする。

 平安Sで次走に期待と書いたドラゴンファイヤーは前走を見る限り、今回のメンバーではちょっとキツイかな。4着に入っている分だけロングプライドの方が面白そうだが、何かひとつパンチに欠ける感もある。まぁお互いに現段階では成長途上と見て今回は外しました。
 最後までかなり悩みましたが、この5頭で勝負したいと思います。
 今日からオープン戦が開幕です。いよいよプロ野球も実戦モードに入ってきたかという感じです。あと1ヶ月すれば開幕ですから、また楽しみなシーズンにしてもらいたいものです。

 横浜ベイスターズは明日の千葉ロッテ戦がオープン戦の開幕となります。キャンプでは調整が遅れている選手もいましたが、特に大きな故障もなく無事にここまでこれたかなという感じです。新戦力の台頭も報道されましたし、何かと昨年以上にワクワクしている我がおります。
 明日の試合ではおそらく若手がメインとなるでしょう。試合だから勝つに越した事はないですが、とりあえずオープン戦なので勝ち負けは気にせず、キャンプでやってきた事が少しでも実践できればと思います。
 今週は注目のレースが多いですが、まずは土曜日の京都記念の予想をしたいと思います。

 京都記念

 ◎14アドマイヤフジ:前走はトップハンデを背負っての完勝劇。その勢いを買う。今回は0.5kg軽くなるし、1ハロンの距離延長もプラス材料。川田騎手との相性もいいように見えるし、本命にする。
 ○10アドマイヤオーラ:前走はマイルで2着。ダービーでも3着に入っているから、こちらも距離は許容範囲内と見る。何よりも、弥生賞以外は全て33秒台の脚であがってきているのが魅力。安定感もある。今回は勢いの分だけフジの方に分があると見て、2番手に。
 ▲16ウオッカ:適正距離としてはメンバー中でも一番この馬が合っている感じがする。末脚も健在でしょうが、ダービー以降は勝てていないのが気になる。秋の古馬との戦いが、ここで花開くかどうか。ドバイに向けて弾みをつけたいレースだが、ここで負けるようだと向こうでも厳しいと思う。
 △ 5ドリームパスポート:前走は直線で思った以上に伸びず、5着まで落ちたのは意外だった。そろそろ巻き返しを期待したいが、今回はちょっと評価が落ちるかな。
 △13ダークメッセージ:連続2着で連対中だが、今回はちょっと距離が短いかもしれない。ウオッカやアドマイヤオーラ並みの末脚があるわけではないと思うので、前で競馬ができれば。

 以上の5頭です。やはり焦点はウオッカに集まるでしょう。前年はアドマイヤムーンがここを勝ってデューティーフリーを制しましたが、同じ道を歩むウオッカもそれに続く事ができるかに注目したいですね。


 クイーンC

 こちらはデータが少ないので簡単に。
 1勝馬ながら安定している7マルターズオリジンを軸に、12スワンキーポーチ6リトルアマポーラ10ラルケット2ラヴドシャンクシーの5頭で。


 あと他には、京都4Rではカジノドライヴがデビューします。母Better Than Honourは2年連続でベルモントS馬を輩出しており、この馬も順調に行けばベルモントSの出走が予定されているという期待の馬です。こちらの結果も楽しみです。
 今日は後期試験結果の発表だったので、行って参りました。

 結果は、補綴のみ再試であとは合格でした。その再試も25日の午前9時にあるので、躓かないように頑張りたいと思います。
 いよいよ明日の午後4時、一回目の進級判定の結果が下される。要は追試があるかないかの発表だ。

 試験が終わって一週間が経過したが、終わってから今日に至るまで、正直なところ生きている心地がしない。今現在、ちょっとヤバイなっていうのが、放射線学補綴学。これは高い確率で落としている気がする。出来た後があまり手応えがなかったから。

 …何でもいいや。もう早く明日になってくれー。
 ダイヤモンドSときさらぎ賞の予想結果です。

 ダイヤモンドS

 1着:◎ 8アドマイヤモナーク
 2着:△ 1コンラッド
 3着: 13レーザーズエッジ

 アドマイヤモナークの単勝オッズが3.6倍とは思った以上に人気を集めておらず、逆にコンラッドが人気を集めているという、我はホントに無知だなと思いましたが、レースは地力の違いが出ましたね。7歳にして本格化でしょうか。天皇賞も楽しみになります。


 きさらぎ賞

 1着:△15レインボーペガサス
 2着:▲12スマイルジャック
 3着: 10ヤマニンキングリー

 8番人気に甘んじたレインボーペガサスの強襲はすごかった。ダートでレコードタイムを出して、芝でも重賞制覇するとは。アグネスデジタルの再来かな?血統から中距離向きな感じもするから、状態がよければ皐月賞からジャパンダートダービーに行くかもしれませんね。ヤマニンキングリーの外からの末脚は凄かったが、2着にあと一歩及ばずでした。それにしてもユタカ騎手が今年は重賞を全然勝てませんね。ツキから見放されているんでしょうか。

 さて来週は中央G1の初戦・フェブラリーSです。川崎記念を回避したヴァーミリアン、ダート初戦ですが昨年はG1を3勝した最優秀3歳牝馬ダイワスカーレットのドバイ遠征組みや、ステップを勝ったワイルドワンダー、川崎記念優勝馬・フィールドルージュ、古豪・ブルーコンコルド、メイショウバトラー、リミットレスビッドなど超豪華メンバーが出走する事になります。
 その前日はダービー馬・ウオッカも始動する京都記念もありますし、来週は一競馬ファンとして楽しみです。
 日曜日はダイヤモンドSときさらぎ賞がありますので予想にいきたいと思います。京都競馬場では雪が心配されます。

 ダイヤモンドS

 ◎ 8アドマイヤモナーク:前走で重賞初制覇したし、勢いにも乗る。3000m超の距離も経験しているし、このメンバーじゃ格が違うでしょう。57.5kgの断トツのハンデを背負うも、ここの優位は揺るがない。
 ○10ブラックアルタイル:前走はここよりも上のメンバーで3着にきているし、悪くないと思う。
 ▲ 7ラムタラプリンス:格上挑戦だがここ最近は2400m級のコースで2着3回、3着1回と好調を維持。51kgの斤量も見逃せない。
 △ 6ミストラルクルーズ:こちらも格上挑戦だが、勢いに任せて。中距離がメインだが2400mでも勝利しているし、一発あるかも。
 △ 1コンラッド:最後に残ったので、数合わせで。一応重賞ウイナーだが1800mだし、アテにならないかも。前走で久しぶりの勝利を得たし、調子も良さそう。

 以上の5頭で。欧米はどうか知らないが、日本には3000m超のレースなんて数えるほどしかないから難しい。今回は2番手以下は接戦になるんじゃないでしょうかね。


 きさらぎ賞

 ◎ 2ブラックシェル:個人的には出世レースだと思っている福寿草特別を勝ったから。現在のところ安定感もあるし、優勝候補一番手。
 ○13アルカザン:現在2戦2勝。2レースとも後ろから差し切る競馬で見た目以上の完勝を挙げてるように見える。休み明けも心配ないように思える。
 ▲12スマイルジャック:先週共同通信杯を勝ったショウナンアルバを押しのけて、前走は人気を集めた馬。ここでも期待してみる。
 △15レインボーペガサス:7戦目になるが、全てのレースで一番人気を集めている。前3走はダートコースで成績をあげているが、芝でも成績は悪くないし、面白い存在。
 △11レッツゴーキリシマ:何か去年のローレルゲレイロのような感じを受ける馬。このメンバーを考えると3番手までかな。
 
 以上の5頭を選びました。他にもダイシンプランやメイショウクオリア、マッキーバッハも面白そうな存在ですが、今回はこんな感じで。
 スマブラXの亜空の使者をようやくクリアしましたが、あの長さは一体なんなの!?クリアするのに8時間近くかかってしまいました。それに最後のボスもやたらと強いし…。難易度はやさしいでプレイしていましたが、5回くらいやられました。

 …全く、自分のプレイの下手さには飽き飽きするわ。これじゃ難易度上げた途端、途中で詰んじゃいそうな気もします…。

 それにしても、こんなに時間のかかる横スクロールアクションは初めてプレイしましたよ。我は前作のアドベンチャーモードくらいでちょうどいいと思っていたんですけどね。でも正直なところ、プレイしているうちってそんなに時間がかかっているようには思えないんです。真剣にやっているからか、熱中しているからかわからないけど、気がついたら「あっ、こんなに時間が経ってる」てな感じでした。

 今はとりあえず一呼吸於いて、イベント戦やシンプルで遊んでいます。何気にクリアゲッターアイテムを取る事に夢中です。ただ今現在、どうしてもイベント14の花ピクミンは咲き乱れだけがクリアできない。ピクミンが6匹花を咲かせるまで頑張らなきゃいけないんですが、これどうしたらいいんだろう?最初からピクミンは3匹いるけど、後3匹はどこにいるんだ?「ひっこぬかーれてー…」って歌の通り、ひっこぬかなきゃいけないのかな?知っている人がいらっしゃったら、ぜひとも教えて頂きたいです。

 相変わらずサウンドテストに飽きないんですが、再生の横にFADE OUTってあるんですよね。音楽を聞いている時に最後になると音が徐々に小さくなっていくというアレです。この機能がついているって事は、任天堂はスマブラXのサントラを出す気はないのかなと勘ぐってしまいます。
 我は、「FADE OUT機能をつけるから、自分達で勝手にサントラ風な感じの音楽をつくっていいよ。但し、著作権はウチにあるからね」という意思表示のような感じがしてなりません。リモコンの1を押せば著作権のコメントが出てくるし。今現在はサントラを作るような事はしないとみていいと思いますが、あれだけの豪華作曲陣が集結しているゲームもそうそうありません。ぜひとも公式でサントラを発売して欲しいものです。
 今日はバレンタインデーか。

 世の男どもはみんなわくわくしているんだろうね。もちろん我もその1人だす。しかし、ここ10数年は全然もらっていないな。記憶がないんじゃなくて、これは確実にもらっていない。男子校→浪人→歯科大というこんな男子高理系コースじゃね…。それに試験も終わっちゃって学校ももうないし。大学に入ってから、いつもこの日っていうのは学校に予定がないんだよね。

 もうくやしいから、ヤフオクで白い恋人でも落札してそれをバレンタイン代わりにしちゃおっかね(爆)。
 自分で金を出して、自分でバレンタインの慰めをするなんて、こんな惨めな話はない…。自分でやってて我は恥ずかしい。


 でも今は正直なところ、後期試験の結果が気になってしょうがないんで、この時期はバレンタインどころじゃないわけですよ。毎年後期試験が終わると、進級できるかのボーダーラインに立たされている我としては、もう居ても立ってもいられない気分。そりゃどこかで試験が終わったという達成感もあるし、気分転換をしなきゃいけないんだけど、ここ最近は気分転換の仕方もろくに上手く出来ていない感じ。ただなんとなくドライブしたり、ただなんとなくゲームをしたり…。どこかでやっぱり試験の結果の事を考えてしまっているから、気分転換になりません。

 試験の結果は来週に出る予定ですが、もうやるだけの事はやったんだから、もう後は天命を待つしかないと言った、割り切った思いも頭の片隅にはあるんですね。これは国試を受けた6年生にも当てはまる事だとは思うんですが。
 だから…待つしかないな。

 うん、待つしかない!

 おっしゃ!!元気にスマブラXでもやるか!
 昨日で一応試験も終わったので、封印していたWiiを解禁しました。もちろんソフトはスマブラX。「まだ入荷してないかなー」と思うもとりあえず店に行ってみたら、在庫に余裕があったみたいだったので、即購入しました。逆にWii Fitが品切れで残念でした。

 帰宅するや否や、さっそくWiiを開けました。もう説明書なんかみていないです。「接続くらい自分でできるわー」見たいな感じで、とにかく説明書を読む前に一刻も早くプレーをしたかった。

 接続が完了。
 ワクワクドキドキしながらスマブラXを入れる。

 出た━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
 公式サイトで何回も見たあの時の記憶が甦る!
 
 スマブラXメインテーマのご登場であります。
 2分近くのオープニングを鑑賞して、いざANY BUTTON PUSH!!

 まず我が最初にした事はサウンドテスト。以前も書きましたが、ゲームファンなら誰もが待ち焦がれた作曲家陣がこのゲームに参加しています。まさしく音楽でもオールスターというわけです。しかも、サウンドテストは初期の状態では、まだ完全にコンプリートにはなっていません。ゲームプレイ中に手に入れなければならないので、まずは一通りプレイしてみよう!

 と、その前に、説明書も読まずにWiiを起動させた我ですが、どうもこのリモコンコントローラーとヌンチャクの持ち方がしっくりこない。ヌンチャクを右手に持っていたんですが、これがどうやらダメだった様です。よく考えてみたらニンテンドウ64でもゲームキューブでも、我は両方使える事なら十字キーの方がしっくりきていたので、3Dスティックの方は全然使わなかったんです。Wiiの場合はこのヌンチャクのスティックを主に使うのかなと思うと、ちょっと操作性の事で不安面がでてきました。

 が、どうやらそれも思い過ごしでした。
 ヌンチャクを左手に、リモコンを右手に。これがものすごいしっくりと来る。このスティックはこんなに使い易いものだったのか!!と驚愕しました。64の時とは感触も違う感じで、何で今までこういうコントローラーがなかったのかと思いました。

 これからしばらくはスマブラ三昧が続くでしょう。隠し要素とか全部出してみたいしね。本当はWiiスポーツとかもやりたいんですよ。どうせならみんなで楽しみたいから。でもソフト+コントローラーでこれまた金がかかるんだよな。金欠病の今は、スマブラで頑張りたいと思います。
 昨日でやっと試験も終わり、さて出来事を書くかと思ったら、管理者ページに全然繋がらず。夕べはふて寝してしまいました。
 さて、今更ですが、先々週と先週の予想結果です。なんと2週連続で東京競馬は雪で順延になりましたが、雪のあまり降らない関東圏でこんな事は中々ないと思います。

 東京新聞杯

 1着: 7ローレルゲレイロ
 2着:△9リキッドノーツ
 3着: 1タマモサポート

 こんな事を書くと負け惜しみみたいな感じで嫌ですが、実はタマモサポートも最後まで候補に入っていたんです。最後はカネトシツヨシオーと秤にかけたら、前走の勢いで買ったので前者を外したわけです。まぁどちらにしても我の場合は◎から流すから、外した今回はあまり意味がないな。


 京都牝馬S

 1着:◎3アドマイヤキッス
 2着: 5ザレマ
 3着: 6キストゥヘヴン

 アドマイヤキッスとキストゥヘヴンが絡むのって2年前の桜花賞以来ですが、桜花賞のワンツーフィニッシュ馬がここで出るなんて…。悔しいな。ザレマも昨年は中距離以降で活躍するんじゃないかと思ったんですが、マイルのここで2着に入るとは…。昨年の重賞戦線では期待してただけにホントに悔しい。


 根岸S

 1着:◎ 4ワイルドワンダー
 2着:△16タイセイアトム
 3着:▲14アドマイヤスバル

 前の2レースの穴は埋まったかなという感じです。アドマイヤスバルは思ったより人気になっていましたね。ワイルドワンダーは順延も不良馬場もなんのそのと言った感じの強さでした。フェブラリーSもより強いのが出てきますが、結構人気になるんじゃないでしょうか。
 それよりリミットレスビッドにしてもメイショウバトラーにしても、お互いに年って事もあるんでしょうが、前走は交流重賞とはいえ結果を残していたのに、中央になると結果が出ないってのも皮肉ですね。


 小倉大賞典

 1着:▲15アサカディフィート
 2着:◎ 4マルカシェンク
 3着:△13シルクネクサス

 何という10歳馬だよ!?平地重賞の最高齢記録ですが、もしかすると今のディープインパクトよりも強いかも(笑)。まさしく超晩成といったタイプの馬ですかね。ローカル路線ならまだまだいけそうな感じもします。これからも活躍を期待したいですね。マルカシェンクは最後は差されたけど、もう復調しているとみていいんじゃないですかね。怪我する前の状態ってのは厳しいですが、それでもここまで復活したんですから、もう怪我しない走りをして欲しいですね。


 シルクロードS

 1着:○ 1ファイングレイン
 2着: 13コパノフウジン
 3着: 15ステキシンスケクン

 ファイングレインは直線に入る前も後方にいましたが、せわしい短距離であのデュランダル並みの脚には驚きました。1200mがよほど肌に合うんでしょうか。高松宮記念の有力の1頭に数えていいと思います。ステキシンスケクンも1200mでは2レース連続で結果がでているので、次も相手によっては面白い存在だと思います。コパノフウジン…完全にノーマークでした。来るなんてこれっぽっちも思いませんでしたから、今回は健闘したいっていいでしょう。


 共同通信杯

 1着:▲11ショウナンアルバ
 2着:  1タケミカヅチ
 3着:  5マイネルスターリー

 ショウナンアルバは最初は折り合いがついてないように見えましたが、それでもサダムイダテンやサブジェクトを負かしたんですから、次が面白くなりそうです。前走は+20kgでここでは増減なしだから、未勝利戦後の休養で体が大きくなったんでしょう。でもホントの強さは次を勝ってからという見方になるでしょう。サダムイダテンもサブジェクトも本来の強さを発揮できず、クラシック候補は次のステップレースを見てからという感じになりますね。

 ふー全6レース終了…。やはり週毎にちゃんとやらないとダメですね。結果としては極端すぎですね。こうしてみると、相変わらず競馬って難しいなと思わされます。
 降雪の影響で開催が心配されますが、とりあえず重賞を予想したいと思います。東京で共同通信杯、京都でシルクロードSですね。前者はクラシックへの登竜門、後者は高松宮記念へのステップとして注目されるレースです。

 共同通信杯

 ◎10サダムイダテン:まだ2戦しかしていない。でも前走は重馬場で、直線でもまだ後方にいたが、凄い末脚でクビ差の2着に突っ込んできた。今回も人気になるだろうが、優勝候補の最右翼。
 ○12スマートファルコン:前走は初の芝ながら唯一34秒台の末脚を発揮させ、クビ差で勝利を得た。芝での適応も高いと見る。メンバーのレベルが上がったが、今回もいい勝負ができると思う。
 ▲11ショウナンアルバ:前走、休み明けで+20kgながら逃げ切り勝ちを収めた点に注目した。まだ成績も安定しているし、ダークホース。
 △13ノットアローン:ちょっと良さがわからないが、6戦して人気を落としていないので、とりあえず候補。
 △16サブジェクト:ラジオNIKKEI杯の勝ち馬。サダムイダテンやダノンイサオに勝ったから、注目したい。

 以上の5頭です。全日本2歳優駿を勝ち、次走はUAEダービーの出走が決まっているイイデケンシンですが、芝よりはダートをステップにした方が良かったんじゃないですかね。新馬戦は芝で勝っていますが、その他のレースではあまりパッとしなかったから、今回は外しました。まぁスマートファルコンの前走の様になるかもしれませんけど。


 シルクロードS
 
 ◎12アストンマーチャン:3ヶ月弱ぶりのレースだが、ここはスプリンターズSを勝ったこの馬を本命にする。休み明けでも走るし、56kgなら許容範囲内でしょう。ここでは実績上位だし、1200mも適正だろうし、大丈夫っしょ。
 ○ 1ファイングレイン:前走で久々の勝利。何か流れに乗っていけそうな気がする。
 ▲ 2アグネスラズベリ:この馬も1200mでの実績は上位だが、調子に波があるのが不安要素。今回は一発を期待したい。
 △ 4クールシャローン:連対するか外すかを交互に続けている。2度連続して連対したこともある。前走は2着だったが、乗り替りではないので、連続連対をする方に賭けたい。
 △ 7テイエムノブシオー:重賞初挑戦。ダート・芝を両方使われてきており、馬場の変化で大きく惨敗してきてもいるが、連続で使えばそれなりの成績を残してきている。芝1200mでは7戦して5回馬券に絡んでいるし、穴として面白い存在。

 以上の5頭を上げました。他に重賞での実績があるアイルラヴァゲインは休み明けは走らないため外しました。
 今日から6年生は国家試験なのでした。

 近年は歯科医過剰問題というのがありまして、歯医者削減をお役人が打ち出し、その対応策として国家試験の難易度が年々増してきております。何か来年は新基準が適応されるとの事ですが、またレベルが上がるのか?もしくは定員人数の幅が狭くなるのかな。

 せっかく国試よりも難しいとされる卒業試験を通ったんだから、75%はいってもらいたいなー。ま、とにかく6年生には頑張ってもらいたい!

 以上!
 試験から帰ってきて昼飯を食べた後、徹夜が響いたのか、さすがに眠気が襲ってきて8時間も眠ってしまいました。午前5時を過ぎても全然眠れない状態なので、競馬の予想をやります。土曜は小倉大賞典です。

 ◎ 4マルカシェンク:前走はほぼ1年ぶりのレースで、直線の長い東京コースでも逃げ切ってみせた。前走を叩いてさらに良くなったはず。どのような位置につけるか分からないが、逃げ馬が少ないので、逃げるのも面白そう。今回も勝ち負けは堅いとみる。
 ○ 9オースミダイドウ:こちらも休み明け2戦目。こちらは間違いなく逃げるだろう。今回は逃げ馬が2頭しかいないので、逃げ切りもあるとみる。休み明け惨敗後は勝っているので、今回も法則に当てはまるか?
 ▲15アサカディフィート:前年度の覇者。元気な10歳馬で、前走は敗れたものの、レース最速の上がりを記録した。ただ今回は前で勝負する馬が少ないため、単騎逃げにでもなると、追いつかないで終わる感じもする。でもここでは実力上位なので、3番手に期待したい。
 △ 1ニルヴァーナ:ゴールドアリュールの全弟。今年オープン入りした上がり馬。それなりに安定した成績を残してきているから、ここでもいい勝負はできると思う。
 △13シルクネクサス:他の馬を消去法で消していったら、最後にこの馬が残った。早くも今年で3走目だが、疲れが残っていないか心配。

 以上の5頭です。
 昨日は16:00に家に帰ってきて、今日の試験が9:15から。1日も時間がない中での2教科の勉強は辛いの一言。今日は障害者歯科と麻酔の試験。別にグダグダ勉強をやっている訳ではなかったんですが、1日前と比べると、時間の経つのがえらい早く感じました。
 というのも、麻酔薬の名前が覚えられても、作用まで中々頭に入らない。麻酔は授業中に配布される試験問題から主に出題されるんですが、いざという時のために、もう一歩踏み込んだ勉強をしていたんですけど、これが思っていた以上に大苦戦。何となく程度にしか覚えられずに、朝を迎えてしまいました。2日目は6:00に寝てましたが、今朝は本当に一睡も出来ずに試験を迎えました。いわゆる徹夜というヤツです。
 一方の障害者歯科も授業中に配布されるプリントが主なんですが、こっちはもっと頭に入らなかった。脳性マヒや精神発達遅滞、ダウン症、認知症など疾患の特徴や治療に対する問題が出題されましたが、もうほとんど当て勘です。まぁこっちの方は、疾患の特徴以外にも障害者に対する接し方とか、何となく良識があれば答えられそーな問題だったんですが、ちょっとヤバイかも。
 ちなみに今ヤバイのは、昨日終わった補綴学。あれはたぶん再試になっちゃうだろうな…。何となく手応えがなかったからなぁ。

 あとは火曜に小児歯科と放射線という重い科目が残っています。この3日間をどう有意義に過ごせるか、我の進級もここにかかってくると思っています。
 サッカーワールドカップアジア3次予選がスタート。日本代表は4-1で快勝でした。

 遠藤のフリーキックが直接ゴールに吸い込まれ、直後に虚を突かれたかのようなミドルシュートで同点になるものの、それ以降は完全に日本ペース。
 後半は大久保が勝ち越しゴールを挙げ、その後はタイが一人少ないという追い風も吹き、中澤と巻のヘディングでゴールを量産しました。特に中澤のヘディングは凄い体勢でのゴールだったように見えました。巻もあんな低いところからヘディングで決めるところは、さすがと言ったところでしょうか。でも一番凄かったのは、タイのあの豪快なミドルシュートが決まったところだったかな。見てて唖然としてしまいました。

 今日は相手が格下だったこともあり、これくらいは当たり前かなといった内容でした。それにしても雪で選手は寒そうだったな。あれだけ吹雪いている中でのサッカーって久しぶりに見た気がしました。横浜は雨が降っていますが、雨と雪の境界線ってどこだろうとふと思ったりもしました。

 次は3月26日にバーレーン戦です。オマーンやらバーレーンやら、何だか予選になるとしょっちゅう対戦している気もしますが、アウェーでの戦いになるので、また頑張ってもらいたいな。

 さて、我は勉強に取り掛かるか。
 今日は試験2日目。歯周病学のテスト。1科目だけだったから、ついつい気を抜いてしまい、午前1時過ぎまでは全くのノー勉。さてやろうと思っても中々エンジンがかからず、結局6時過ぎまでグダグダと勉強しておりました。6時から1時間仮眠を取り、久しぶりにやじうまワイドとめざましテレビの占いをみました。すると天秤座はやじうまでは金運・恋愛運5、健康運・全体運4という高評価。つづいてめざましも2位に入るという、久しぶりに両方が高評価。
 でもこれは逆に何か落とし穴がありそうだなと思っていたんですが、その予感が的中。

 まず朝の駅はなぜか小学生で一杯。たぶんどっかに社会科見学に行くんだと思うんだけど、それにしてもすごい人数。電車内で鞄から資料を見直そうと思っても、人が多すぎて全く身動きが取れず。遅刻しなかっただけマシかな。

 んで、学校に着いたのが試験10分前。ほとんど見直しをする時間がないまま、荷物を後ろの席へ遠ざけ、ポケットからケータイをとりだそうとしたら、ドナルドのストラップがぶちっと切れてしまい、ビーズなどが席の周りに散乱して大慌て。もう運も何もあったもんじゃない。大急ぎで鞄の中に片付けて、結局学校でほとんど何も見ないまま試験に入ってしまいました。
 
 まぁ前期である程度とれている科目だったから気を揉む必要もなかったけど。穴埋め38題、客観12問の出題。やはり穴埋めではところどころに空欄が目立ったのが気になりました。
 「先生が何か答えを書け」とは言うものの、何を書いたらいいのかわからない。そんな経験ありませんか?我は何か書けと言われても、意識的にその答えって書くことが出来ない性分なので、結局近そうな解答を思いつくことが出来ずにそのまま空欄で出してしまいました。それに思いついて書いた答えが正解だったなんて事が一回もなかったもんですから。

 そして最後の落とし穴がケータイの電池が切れてしまったことです。資料をコピーしたのを同期の子に渡す予定でしたが、何しろ午前中は上のような有り様だったので、試験前に渡す事もできず。しかもその子は試験会場が離れていたので、試験終了後、校内で探す事に。もう待ち合わせとかしてなかったんで、ほとんど出会ったという表現が近いくらいでした。奇跡的にそんなに時間もかからなかったのが不幸中の幸いでした。

 と、まぁ午前8時から11時の間までに、これだけの事が立て続けに起こるなんて事もそうそうないですね。もう今日はホントにじっと腰を据えて勉強していようと思います。
 明日は第二のヤマである補綴学と矯正学があります。特に補綴は前期あまり芳しくない結果だったんで、頑張ってやりたいと思います。
 試験1日目が終わりました。1日目の試験ってのは本当にキンチョーしますね。教室に入ったら、なんと電気が消えたままで、誰一人教室にいませんでした。12:30から開始なんですが11:00前に学校に着いたから、いないっちゃいないですわな。

 1科目目は生体管理学。問題を見た瞬間、見たことも無い問題がでてきたから、とりあえず深呼吸を3回始めました。先月、保存の実習の時に教わった事をちょっと実践してみました。不思議な事に、それで結構落ち着くものですね。

 2科目目は口腔外科。歯牙腫を答える穴埋め問題で、複雑性歯牙腫はパッと出てきたんですが、もう一種類の歯牙腫が出て来ない…。「せっかく勉強したのに、何でここの答えをド忘れするかなー」と心の中で叫びまくりました。まぁ、そのうち思い出すだろうと思って次の問題に進んでいったら、なんと客観問題の中で集合性歯牙腫の文字が出てきたじゃないですか。

 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

 こういう事ってたまにありますよねー、思い出せない答えが問題に書いてあるって事が。何か今日は凄い運が良かった感じがしました。
 
おっしゃ!!今夜もやったるぜい!
 いよいよ明日になってしまったよ。我の運命を決める後期試験が!

 歯科大なんて授業料の高いところに在籍しているもんだから、「我が家の家計は火の車」と親はいつも申しております。

 「お金の事は子供に言うなよ、只でさえプレッシャー感じているんだからさー」とは思うんですが、だからこそ両親に迷惑をかけたくないし、何とか結果を残したい!と言う様に思っているわけです。

 ラストスパートをかけて頑張って勉強致しますデス。
 いつごろから天気が雪が降っていたんだろう。我が勉強していた午前4時過ぎには何か雨っぽい音がしていた気もするんだけど。まぁ~、それにしても寒い寒い。

 小学生の頃は雪が降ると楽しくなって、よく外で雪だるまや雪合戦をしていたものでした。小学校5・6年の時、平日に雪が降って、学校で朝からかまくらを作っていた事もありました。あの時はクラスのみんなや担任も一緒になって大ハシャギしていたなぁ。もちろん、他のクラスは授業をやっていましたけど。担任が校長からこっぴどく叱られたっていうのも、いまでは笑い話です(しょっちゅう叱られていたようですけど)。あの時はホントに良かった…。

 小学校を卒業してから15年。完全な出不精となってしまった今は、雪が降ると憂鬱になってしまいます。電車が止まったり、怪我人が出たり、競馬が中止になったりで、マイナスのイメージしかつかなくなってしまいました。これも年を取ってきたせいなんですかね。思い出に浸れても、「じゃあ、その時を思い返して外で遊ぼう」なんてしなくなりました。
 思えば小学校の時の担任も、ちょうど今の我と同じくらいの年齢だったもんな。そう考えると今の我の考え方って、すごい年寄りくさいな。

 今のマンションに住んでもう25年近くになりますが、昔に比べて子供の数がホントに減ったという感じがします。近所に子供がいるにはいますが、我が小学生だった頃の半分くらいしか今はいないんじゃないかな。少子化の影響を実感しますね。
 根岸Sと京都牝馬Sの予想です。

 根岸S

 ◎ 4ワイルドワンダー:今がちょうど脂の乗っている時期。実績も十分で、このメンバーなら勝ち負けは堅いとみる。
 ○11レオエンペラー:実績は浅いが、ダートに限れば5戦4勝3着1回の成績を残している。マイル以下の距離を経験していないところが不安ではあるが、ダートの相性のよさでここは2番手にしてみる。
 ▲15メイショウバトラー:昨年は地方交流重賞で実績を上げた。これだけの実績で55kgで出走できる点はおいしい。調子を維持できていれば、3着までに入るだろう。
 △14アドマイヤスバル:重賞初出走だが、近走は充実しているのか成績は右肩上がり。一発を期待したい。
 △16タイセイアトム:3連勝で勢いに乗る。やたらと外枠での出走が多く、前2走も最外枠での出走だった。サクラバクシンオー産駒で距離が心配だが、勢いで勝ち負けまで持っていけるかも。

 以上の5頭を選びました。今回は勢い重視で選びました。他にもリミットレスビッドやマイネルスケルツィも候補ですが、前者はジョッキーとの相性がよくなさそう、後者はダート2戦目で前走は勝ってはいるものの、どうもいまいち信用おけないので、今回は外しました。


 京都牝馬S

 ◎ 3アドマイヤキッス:牝馬重賞の常連さん。パッとしない成績が続いているが、このメンバーでは実力は上位。
 ○ 9カタマチボタン:マイルでは5ヶ月ぶりの富士S以外は3着以内に入る安定感をみせる。初重賞制覇も視野に入れる位置にいるとみる。
 ▲14ブルーメンブラット:近3走は1・1・3着と調子がいい。このレース次第で一皮剥ける可能性もあるが、マイルはあまり成績がよろしくないので3番手に。
 △13コスモマーベラス:OP戦では強いが、重賞になると一枚落ちる。メンバー的にはいい勝負ができると思う。
 △11パーフェクトジョイ:成績は似通っているランペイアとどちらにしようか迷ったが、騎手の手腕に託す。

 以上の5頭を選びました。軸になるくらい調子のいい馬や安定感のある上がり馬がいないので、混戦になると思います。

 (追記)2月3日午後12時現在、降雪の影響で東京競馬場での開催は4日に代替開催が決定しました。京都では予定通り開催されるので、根岸Sの予想をこのままスライドさせます。
 今日は土曜ですが、東京新聞杯があるので予想します。

 ◎16サイレントプライド:中山金杯では負けを許したが、今回は適正距離で出走できるのではないかと思う。さらに前走より斤量も軽いし、本命視する。
 ○ 5カンパニー:前走マイルCSでは最速の上がりを記録。東京コースならなおさらこの末脚は生きるはず。調子が維持できていれば、このメンバーでも58kgなら問題ないでしょう。勝ち負けは堅いと見る。
 ▲10ジョリーダンス:昨年の安田記念でも大駆けした例があるし、東京コースの相性の良さに期待する。
 △13カネトシツヨシオー:前走は人気薄で3着。直線での末脚はいいモノを持っていた。今回もその末脚に我も乗った!ブレイクの予感。
 △ 9リキッドノーツ:前走京都金杯は凡走に終わったが、今回はもう一回期待してみたい。

 以上の5頭です。
 ついに2008年シーズンのプロ野球春季キャンプが始まります。今年は夏に北京オリンピック本戦がありますから、調子の維持が大変だと思いますが、昨年予選に選ばれた選手は怪我のないように頑張ってもらいたいです。

 さて昨年4位に終わった横浜ベイスターズですが、今年は野手に新外国人が2名加入。ウッズ以来、外国人野手と契約したのはいないと思いますが、彼らが使い物になってくれる事を切に願うばかりです。今のベイ打線にはチャンスに滅法強い選手が正直見当たりません。彼らにはその役割を担ってもらいたいですね。
 また二遊間の世代交代もしなくてはならない時期です。いつまでも仁志・石井に頼ってはいられません。野中・藤田が昨年もスタメンで名を連ねた事もあり、後継者としては最右翼でしょう。さすがにまだ及ばないでしょうが、今年は昨年よりも出場の機会が増えると思います。開幕スタメンを奪うくらいの気持ちでキャンプに望んでもらいたいですね。

 投手陣は昨年寺原が加入した事で、先発が一枚厚くなりましたが、それに続く投手が出てこないのが悩みの種です。出来ない事もないでしょうが、工藤に通年を期待するのはいくらなんでも酷だし…。
 今年は新外国人投手が3名加わりました。中継ぎはある程度のレベルでまとまってはいますが、先発・抑えと人材は足りません。特に3年間在籍したクルーンが抜けた穴が一番痛いかな。

 いろいろ問題はありますが、クルーンの穴が埋まって、新外国人が期待通りの働きをしてくれれば、クライマックスシリーズ進出も見えてくると思います。やはり投手を含めたディフェンスが重要であると我は思っております。日本一の優勝の味を知っているのは、チームでも三浦・川村・横山・石井・佐伯・鈴木の6名でしょうか。移籍組では仁志・工藤、今年加入した入来もそうかな?優勝の味を知らない選手が多いから、クライマックスシリーズに進出できれば、来年以降も自信も深めてくれると思います。できれば若手が出てきてくれると嬉しいですが、今年はチームとしても飛躍の年になってもらいたいです。

 今年のキャンプは実戦感覚を養うため、練習試合の数を多くしたようです。レベルアップも重要ですけど、何よりも1年間怪我のないように頑張ってもらいたいです。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。