ヒマジンの言霊

ようこそ!!ここでは日記にスポーツに競馬にゲームにと、のんびりまったりと、時には過激に、思った事や好きな事を書いていくブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 今日は人生で初めて銀座へドライブをしにいきました。というか、最初は白金台にある八芳園へ行く予定でしたが、結婚式開催のため中に入る事ができず。せっかくだから銀座へ行ってみようという事で行ってきました。と言っても、ホントに行ってきただけですけど。

 白金台は数年前、明治学院大のオープンキャンパスへ行って以来、2回目だったんですが、広々とした閑静なところです。そういやシロガネーゼを見かける事はできませんでした。休みだし、みんなどこかへ行っちゃったのかな。

 東京へは車で来たことがほとんどありませんでしたので、もうキョロキョロしておりました。東京周辺って結構ごみごみしているようなイメージがあったんですけど、山手線の内側に入ると、道は広くて運転がしやすい。それに路上駐車している車もほとんど見かけなかったですね。逆に横浜の方がごみごみしている感じがしました。

 自宅から小一時間で東京周辺へ来れるんだから、これからはもう少し足を伸ばしてみたいですね。というか、次は午前中に出かけなくちゃ。
スポンサーサイト
 先週はズタボロでした。あの結果を見ると、競馬って先入観は通用しないなって改めて思いました。ちょっと自信もなくしちゃったんですけど、懲りずに予想していきます。今週はオールカマーと神戸新聞杯が行われます。

 オールカマー

 ◎11マツリダゴッホ:中山コースではまさしく鬼神の如き強さを発揮する。一回叩いたし、ここは磐石と見る。
 ○ 6エアシェイディ:3ヶ月ぶりだけど、このメンバーなら勝ち負けまでには絡みそう。ただ惜敗が続くレースが多かっただけに、ここは一つ評価を下げた。
 ▲ 7マイネルキッツ:3番手以降が難しいところだが、ここは前走・前々走と2000mの重賞で結果を出しているこの馬に期待。
 △ 9ミストラルクルーズ:中穴だが、この馬もマツリダゴッホ同様、中山コースは相性がいいように思える。前走から3kg増の斤量が応えそう。貴重なエルコンドルパサーの血統だから、開花してもらいたい。

 この4頭で。


 神戸新聞杯

 ◎ 1ディープスカイ:春の変則二冠馬は大きな怪我もなくここまで来た。調教でも5馬身差をつけるなど調子はいいようだ。春は勢いで勝ったというイメージがあるが、秋緒戦に注目したい。
 ○12オウケンブルースリ:何でこんなに人気になっているかわからないが、成績をみると馬券的に外す事もできない上がり馬の筆頭。まずはお手並み拝見。
 ▲11スマイルジャック:ディープスカイとどれだけ距離を縮める事ができるかに注目。ダービーでも前で粘れたし、この距離でも結構やれると思う。
 △ 3ミッキーチアフル:ここ近走の成績が目に付いた。前につければ、いい勝負ができそう。

 この4頭で。
 久しぶりの土曜当番は実に3ヶ月ぶり。日程の都合から、先週の金曜から今日まで、ずっと小児歯科当番でした。口頭試問を残していますが、これにて小児歯科実習は終了!

 土曜日だからか患者さんの入りも少なく、セミナー室で休んだりしたりで時間をつぶしておりました。通常なら2班で小児歯科は行動するんですが、土曜当番は1班のみ。そのせいか、やたらと治療室が広いような感じもしました。まぁドクターも少なかったんですけどね。

 今日は小児歯科では珍しく早く終わったので、別の診療室当番の奴を外にあるベンチで待っていたら、なんと鳥の糞が我の右腕に命中!車に落ちる事は何回かあれど、人間に落ちるなんて・・・。木の上で鳥がピーピー鳴いている(おそらく我に糞を落とした張本人)のが、やたらと目障りだった。

 「Miroさん。運がいいじゃないっすか!運がついたんですよ。」とか周りの人間は囃し立ててたけど、まぁそういう風に捕らえれば悪い事じゃないなと思うしかないやね。でも精神的ダメージはかなり大きかった・・・。アルコール綿球を作ってくれとドクターに言われて、アルコールワッテをとりだしてしまった時よりもダメージがでかかった。未だに右腕にはあの落ちた時の感覚が残っています。

 ・・・来週からいい事がないかなー。
 前回、いきなりドタキャンされた小児の定期診査ですが、新たに予約をし直して、今日終わらせてきました。
 やる事は頭の中に入っていたつもりだったけど、いざ患者さんをユニットに座らせて、我も椅子に座ると、いきなりどうしていいものかパニくってしまいました。とりあえず落ち着いて深呼吸。

 まずはRDテスト。どれだけのう蝕病原菌がいるかの簡単なパッチテストです。唾液を採取して、ディスクに滴下。あとは皮膚に貼って15分待つだけ。その間にカリオスタッドもやって、染め出し。

 染め出す前に口の周りにワセリンを塗って、色が付いてもとれやすくします。そいでもって染め出し。術前に前歯部だけか臼歯部もやるかは、口腔内診査をしてからというDHの指示があったので、とりあえず染め出す前にDHを呼んで確認。そしたら前歯部だけでいいよと言われたので、それでやろうとしたら、つい臼歯部も塗ってしまった。まぁどうせポリッシングするんだから、そのままでいいや。

 そして歯磨き指導。まぁその子の歯磨きの仕方が上手だったので、特別に何かを教える事はありませんでした。我よりも上手いかも・・・(苦笑)。
 この後は隣接部をフロスで除去し、後は全顎をポリッシング・フッ素塗布をして終了。

 文字にするとたったこれだけの事なんだけど、要した時間がなんと90分。目標は40分で終わらせることだったんだけど、30分経過した時はまだ歯磨き指導をしていたな・・・。まぁグループで一番出来る奴が1時間かかっていたんだから、デキの悪い我ならこれくらいかかるのは個人的には想定内でした(爆)。

 さすがに時間がかかりすぎとDHから言われてしまいましたが、我が定期診査をしている時、小児歯科のユニットが全て埋まっていたんです。小児歯科に来てから、こんな光景は初めて見ました。小児歯科のドクターほぼ全員がフル活動をしてましたから。補助を頼んでいた学生もドクター側のアシストについてしまう始末。とても忙しい時間帯でしたね。
 8歳の女の子が患者さんだったんだけど、何か色々と話が盛り上がっていましたね。楽しかったです。
 久しぶりにプロ野球の事でも書こうかな。

 巨人が阪神戦の天王山で3タテをし、なんと最大で13あったゲーム差をついに0にし、同率首位に並ぶまでになった。両チームとも残り試合があと15~6試合。ここからどう戦っていくかが見物だ。

 まぁ最下位を独走している横浜ファンである我から言わせてもらうと、どちらが優勝したところで別に何が変わるわけではないからいいんだけど、リーグが盛り上がるって言うのはいい事。横浜は明日から甲子園で阪神と4連戦。今は阪神戦6連勝とかしているけど、来年に繫がってくれる試合をして欲しい。(←何か毎年この時期になると、いつもこのフレーズを使っているのが虚しい。)
 今週はセントライト記念とローズSです。菊花賞・秋華賞とクラシック最終レースに向けての重要なステップですね。

 セントライト記念

 ◎15クリスタルウイング:このメンバーの中では一番伸びしろがあるような気がする。個人的には晩成・長距離型と思っているアドマイヤベガ産駒だし、この馬自身も2000mを超えても成績を残している。ダービーから3ヶ月。果たしてどのように成長したか見てみたい。
 ○11キングオブカルト:本命と大差の無い評価をしているのがこの馬。父・キングマンボは中距離クラスはカムカムヒアヒアだし、距離適正に至っては本命より上かもしれない。
 ▲ 2キングスエンブレム:何よりも血統背景が素晴らしく、兄にヴァーミリアン、親戚にはダイワメジャーとダイワスカーレットがおり、使われているレースを見ても、デビュー当時から期待されている馬。父の特徴が分からないのと半年のブランクがネックだが、2000mでは安定しているし、いいセン行くかも。
 △ 3ネオスピリッツ:夏の上がり馬の一番手。特別戦を1着・2着と結果を出した。中山コースは3戦して連対率100%。相性の良さも買いたい。
 △ 4ナリタダイコク:こちらも上がり馬。こちらもネオスピリッツと大差はないが、過去のレース結果を見る限りでは、そんなに悪いようには思えない。一発穴狙いで。

 以上の5頭です。今年の3歳牡馬戦線は混沌としており、ディープスカイが頭1つ抜けている存在ですが、後はもう混戦。この中でも重賞2勝を挙げているマイネルチャールズは、実績は申し分ないんだけど、どうしても強いっていう感じが沸かないので、今回は外しました。実績馬か上がり馬か、面白いレースになりそう。


 ローズS

 ◎ 1トールポピー:実績・血統面からみてもトップクラス。オークスでは距離延長歓迎みたいな感じもあったし、ヤネがヘマをしない限り勝ち負けは堅いとみる。
 ○11レジネッタ:桜花賞はフロックではなかったと証明したオークスだった。位置取りがもう少し前だったら二冠もあっただろう。負けはしたが夏は一戦したし、今回も位置取りによってはトールポピーも喰えるだろう。
 ▲ 7ブラックエンブレム:3強の一角を崩すとすれば、この馬が最有力。オークスでは前でレースを進め、粘っての4着は評価できると思う。今回は2000mだし、いい結果を期待したい。
 △ 8オディール:春からの3強の一角。オークスでは5着に入るも、個人的にはクロフネ産駒は2000m以下というイメージがあるため、評価を下げた。でも、切れ味はトップクラスのものがあるので軽視はできない。
 △12ダイワスピリット:休み明けで逃げを打ってからは結果が出ている。血統は一流なので、素質開花が期待されるでしょう。

 以上の5頭です。
 台風13号は発生した時に比べれば大分勢いも弱まった。今のこの時間帯だと神奈川県付近を通過したのかな?ただまだ雨が強く降っております。近所の店では土嚢が置かれる対策をしておりました。この時期、台風やら大雨やらで一番気を揉むのが祖母の家です。我の実家とは直線距離にして約300mくらいのところなんですが、警報が出されるような大雨になると床上浸水してしまうので、夜中も気を抜くことができません。周辺には川も流れているし、これが溢れて来ると、ホントに臭い。

 そういや昨日の小児歯科で、我のイントラが治療中患者さん(Kr)と話していたんだけど、その会話が面白かった。
 
 Dr「台風がきているみたいだよ。何で電車止まんないんだろうね?」
 
 Kr「何で?電車止まっちゃいけないの?」
 
 Dr「だって、電車が止まらないと、先生病院に来なきゃいけないでしょ?」

 Kr「???」

 「先生!その気持ち、ものすごくよく分かります!!自分も同じ気持ちです。でも、今ここで(診療中に)電車が止まっちゃったら、運転再開まで病院にいなきゃいけなくなります!」
 
 ドクターが二言目を言い終わった後の患者さんの「何言ってんの、この人??」みたいな困惑したような表情が面白かった。それと同時に、大人の事情が分からない子供って言うのはホントに純粋というか、無垢というか。キミもあと10年経てば分かる時がくるさ。と思いながらアシストについておった我でした。
 今日は2ヶ月ぶりの成人歯科。2ヶ月もの間、あっちゃらこっちゃら回っていると、たったの4~5回程度経験しているだけじゃ、どこに何があるのかすぐに忘れてしまいますね。

 まぁ特に大きな動きは無かった成人歯科だったんですが、診療終了間際、初診科のドクターが我のところへやってきて一言。

 「Miro。お前少し太ったか?」

 「え?いやー、そうですか?(笑)」


 なんて簡単な会話があったんですけど、実はめちゃめちゃの図星でありました。実は我、少し太ったようなんです。体重はほとんど変わっていないので、おそらくは内臓脂肪の増加かなと思うんですけどね。
 その兆候があったのは先週からでした。前述のとおり、先週は大学病院とは別のところで臨床実習をしていたんですが、そこではスーツ着用が義務づけられており、もう何年も着用していない慣れないスーツを身に纏って通学していたんですが、そこでの初日の朝、ズボンが中々入らなかったんです。そこで「あー、少し太ったかな」と思っていたんですけど、第三者に言われたのは初めてでした。
 まぁ色々と思い当たるフシはあるんですけど、やっぱり最大の原因は運動不足かな。日中、ずーっと突っ立ってアシストをしているだけだもんな。帰ってきたらぐったりモードで、運動なんかする気にもなれないし。ビリーズブートキャンプも気がついたら1年以上放置だし。

 う~ん、何とかせにゃいかんなぁ・・・。
 さて日曜日の重賞は京成杯オータムハンデとセントウルSです。

 京成杯オータムハンデ

 ◎10サトノプログレス:3歳馬だが、成長度合いに期待したい。中山のマイル戦は4戦3勝2着1回という好成績をあげているので、馬場の相性の良さも一緒に買う。
 ○15マイネルフォーグ:勢い重視。
 ▲16キストゥヘヴン:安定感に欠けるも、実績はメンバートップクラス。時折見せる一瞬の切れ脚を出せれば、勝ち負けも見えてくる。
 △ 3レッツゴーキリシマ:2歳戦までは順調だったが、クラシック路線では相手関係や距離の問題もあったのか惨敗が続いた。ここは一呼吸おいて、朝日杯以来のマイル戦。夏場以降の成長もあるか楽しみ。

 もうこの4頭で。一応印をつけましたが、正直なところ何が来てもおかしくないレースです。


 セントウルS

 ◎10アポロドルチェ:このレースも本命は3歳馬。マイル以下の距離では古馬と堂々と渡り合えている。チャンスはあると見る。
 ○11ファイングレイン:高松宮記念以来半年振りの出走と初の59kgが鍵だろう。1200m戦においては4戦4勝と完璧な強さを誇っている。
 ▲ 8スズカフェニックス:実績はトップだが、3ヶ月以上休みが空くと全然走らない。とは言え相性のいい1200m戦だし、実力が発揮されれば勝ち負けは堅い。
 △12スプリングソング:4戦3勝とキャリアは浅いが、血統が魅力的。名前のように春先だけで終わってほしくない意味合いも込めて。
 △ 4カノヤザクラ:前走にて復活したか?昨年のこのレースに2着に入っているし、期待したい。

 以上の5頭をあげました。スプリンターズSへのステップ的な意味合いが強いレースなので、いい結果で本番に向かいたいところ。
 昨日発売したクイズマジックアカデミーDSを今日購入してプレイ。


 キャラクターはルキアを選択して、名前はヒヤリハット。電源を入れて名前を決定するまでに30分を要した・・・。ホントに名前を決めるのは難しい。だったらそのままルキアでいいじゃんと言われるかも知れないけど、それじゃNPCと同じで味気ないから、それだけは避けたいと思い、やっと思いついたのがヒヤリハットでした。


 「賢者を目指して頑張るぞー!」

 ゲーム内のキャラクターでも我自身も、この意気込みはシリーズ共通です。実際に賢者になれたのはQMA2以降ないから、DS版では絶対にならねば。

 まぁホイホイと進んでいくんだけど、何かが足りない・・・。
 そう、今はオンライン対戦ができないのだー!

 無線LAN環境の無い我が家は、これを機にWi-Fiコネクタも購入しようかと思っておったんだけど、財布の中身は1000円札が6枚。これじゃソフトしか買えないので、ゆうちょ銀行に金を引き落としにいくも、なんと残額は329円・・・。これじゃ何もできないので、仕方なくコネクタ購入はお預け。しばらくは一人で細々とやっていきます。
 今週から秋競馬が始まるので、また重賞予想をしていきたいと思います。

 エルムS (出走まで時間がないな・・・)

 ◎10フェラーリピサ:メンバーは面白いのが揃っているが、どれもやや安定性に欠いているので、ここ最近のレースの安定ぶりを買い本命。
 ○ 1メイショウトウコン:出走馬中の実績はトップクラス。春先はやや調子を落としていたようだが、昨年のこのレースも制しており、勝ち負けまでは堅いと見る。
 ▲ 7トーセンブライト:前々走のマリーンSでは58kgを背負い、57kgのフェラーリピサを退けた。今回は56kgで出走できる点が見逃せない。実績はやや劣るが、上位に食い込めるチャンスはあると見る。
 △ 8ドラゴンファイヤー:実績は上位だが、ジャパンカップダート以降、春先の凋落振りが気になる。前走で2着に入ったが、やや安定感を欠いている。
 △ 9マコトスパルビエロ:昨年のこのレースから重賞でも好走しており期待したいが、55kgのオープン戦でも勝てていないのが気になるところ。メンバーの揃っている今回は5番手と予想。

 以上の5頭です。今週は3日開催なので、日曜・月曜の重賞も後ほど予想していきたいと思います。
 今日で研修が終わり、また来週からはいつものように大学病院での実習が待っております。前回書いたとおり、今日は一日中成人歯科。もうその場にいるだけでいっぱいいっぱいだったけど、何か変に我自身がレベルアップをしたような気がする。やった事なんか見学メインだし、アシストするにしてもバキューム持ちやセメントの練和くらいなものだけど。少し環境のいいところでやっていたからかな、あの大学病院だったら成人だろうが口腔外科だろうが、何かうまくできそーな感じがしてならない。それだけ気持ちに余裕ができたって事なのかな。でもいざ戻ったら、あまりの変貌に愕然としたりするかも・・・。

 一番印象に残ったのが、患者さんから感謝される事でした。もちろん我はドクターのアシストをしていただけなので何もしてはいないんですが、その患者さんは坐骨神経痛の患者さんで、松葉杖をついて来院されました。治療後、ドクターが待合室で患者さんを待たせておいてと指示が出たので、ユニットから待合室まで距離があったため誘導してあげた時、患者さんから、「あなたがセンセイになった時、是非私の治療をお願いします」と言われました。これが非常に嬉しかった。金をもらって感謝される職業冥利に尽きると思いました。何にもしていない我に、こんな言葉をかけてくれるとは・・・。気分を良くした我はしばらく有頂天になっておりました。


 今回はいろいろと疑問を持つことができた実習でした。主に成人歯科での事だけど、ベースセメントは何のためにあるのか。テンポラリークラウンセメントのハードとソフトではどういう違いがあるのか。その他諸々、いろいろ疑問はありますが、一つ一つ調べながらやっつけていこうと思います。
 2日間、間が空いてしまったけど、今週の実習は思ったより辛い。

 今いる所は大学病院の施設とは比べ物にならないくらいよかです。対等に同じだといえるのは障害者歯科くらいでしょうかね。ウチの学校は医科系は内科と外科しかないので、他に皮膚科や眼科、耳鼻咽喉科のあるこことは比較ができないけど、歯科に関しては間違いなく今のところがいいです。

 2Fの成人歯科は担当医一人一人にユニットが決まっており、尚且つパーテーションで区切られているから、ちょっと喋ったくらいじゃ隣まで聞こえないのでプライバシーが守れる。またユニット毎に手洗いの水道までついており、これはちと凄いなと思ってしまいました。しかも、アシストをする側にも座れるイスがちゃんとあり、ずーっと突っ立っている大学病院からすると嬉しい限りです。
 しかも、大学病院と比べてもイントラが横暴じゃない(例外もいる)のが、学生からしても頼もしいですね。


 しかし!


 やはり慣れない所で実習しているもんだから、疲れる疲れる。実際、距離的には大学の方が遠いんですが、帰宅後の疲れは大学よりも溜まりやすいです。しかも知っているドクターが大学に比べてほとんどいないから気を遣ってしまうし、失敗もできねーってな感じで力が入る。→余計に失敗をしてしまう。→失敗もできねー・・・(以下、無限ループ)。要するに、負の悪循環。これが疲れを倍増にさせてる原因かな。

 とりあえず明日で終わりですけど、明日は1日中成人歯科。


 気が滅入るわー・・・
 今週は大学病院ではなく、別の医科や歯科のある施設の見学がメインの実習。今日は午前が耳鼻咽喉科、午後は眼科の見学をしてきた。

 午前はガイダンスもあり、9:00集合だったけど、実際に見学が始まったのは10:30過ぎから。耳鼻咽喉科は我も鼻中隔彎曲症の手術も行ったことがあり、実際に身近に感じていたのだが、傍目から見てみると、部位は分かるけど、どのように処置しているのかさっぱりわからない。5人ほど患者さんの診療を見て午前中は終了。これで分からなかった事を書き出せって言われても、いったい何を書いたらよいものか・・・。

 午後は眼科。白内障手術を5件見学した。去年、医学概論っていう授業で実際の手術の動画を見ていたけど、ナマはやはり違う。ひとつの手術にかかる時間は約15分程度。歯科の領域ではよく目にするのは埋伏歯抜歯だけど、ずーっと見ていると新鮮さがなくなるモンです。ぶっちゃけて言うと、見飽きた(爆)。別に我らに抜歯をやらせてくれるわけでもないしね。ま、うまくやれって言われてもやれる自信は無いけど。
 でもこの白内障の手術を見た事で、何か新しい刺激を与えてくれたような感じがした。それからすると、抜歯なんか小手先の微妙な動きを必要とする白内障手術に比べたら大雑把だし。


 初めて医科系の診療を見学したけど、ホントに新鮮だった。明日からの実習もなんか楽しみ。
 新しい月になったけど、早速思いもしなかったハプニングが。

 今日の午後一発目から小児歯科の定期診査を我が行う予定だったんだけど、患者さんがちっとも来ない。というか、登院生が定期診査を行う際、受付からお呼出しがかかるんだけど、それが全然ない。待つこと15分、さすがに嫌な予感がしてきたので、自ら受付で患者さんが来たかどうか聞くも、まだ来ていないとの事。担当の衛生士さんに訪ねるも、このまま来ない可能性もあるとの事。


 「オイオイ、夏休み前から予約が入っているっていうのに、ここまで来てドタキャンかよ!?」


 結局、診療時間終了になっても、その患者さんは来てくれませんでした。他の登院生の患者さんは来てるのに、何で我だけ来てくれないんだよー。ドタキャンってされるとこんなに凹むのね。まだ明日も小児歯科があるけど、もう完全にやる気が削がれてしまい、明日の予約はいれませんでした。最終タームが22日から一週間あるけど、そこでやろうと思います。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。