ヒマジンの言霊

ようこそ!!ここでは日記にスポーツに競馬にゲームにと、のんびりまったりと、時には過激に、思った事や好きな事を書いていくブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 明日から12月。いよいよ年の瀬が迫ってきたって感じです。
 ま、ぜーんぜんそんな実感が沸かないですけどね。

 診療自体は23日までで後は楽しみな冬休みなんですが、それまでにやっておかないといけない事が多くて、もう困る。試験もあるし。
 個人トレーの作製や、自由設計の提出、プロトコール審査。もう全部補綴分野だけど、何でこうも縛られる感じがするんだろう。保存分野なんかそんなの無いから、結構ドライなんだけど。
 ペリオ(歯周病)に関しては、オペを見学すればそれだけでケースになるので、何とも楽な事。この見学は10月中旬に行ったんですけど、我はつっ立ったまま半分寝ておりました(苦笑)。

 もうあと一月。今年は順調に登院生活を送れているので、この調子で頑張っていきたいと思います。
スポンサーサイト
 ジャパンカップを予想します。ここんとこ、ちーっとも予想が当たっていないですけど、暮れの有馬記念を含めあと5回。何とか頑張りたい。

 ◎10オウケンブルースリ:今回の本命。天皇賞では距離がやや短かっただろうけど、4着と健闘。同じコースで距離延長は血統的にもプラスに働くと思う。
 ○ 5ウオッカ:切れ味ではこの馬に敵うのはおらんでしょうが、唯一の不安要素は距離。ダービーは勝ちこそしたものの、適正距離はマイル~中距離くらいだと思うし、クラシックディスタンスはやや長いと思う。毎日王冠・天皇賞ともに敗れているのもマイナス面がある。
 ▲16コンデュイット:世界のG1を制し、実績なら疑いようもなくナンバー1。日本での外国馬は実績が当てはまるのは50:50だけど、何となくだが、97年に勝ったピルサドスキーと似ている感じがする。いいセン行きそう。
 △18スクリーンヒーロー:前回の覇者。今まであまり気にした事はなかったが、長距離の東京コースは相性がいいようだ。前走は2000mの天皇賞でも2着に入っているし、前で粘れれば連覇できるかも。
 △ 9リーチザクラウン:相手的には少々キツイところがある感じもするが、2週間前のエリザベス女王杯のようなこともあるし、それをしたらタップダンスシチーの夢を見ることができるけど、多分やらないだろうな・・・。

 結局上位5頭人気馬に集中したけど、ここで落ち着きそう。
 今日は新型および季節性のインフルエンザ予防接種に行ってきました。

 季節性はいつでもやってくれるんですが、新型は優先順位があり、我も基礎疾患を持っている患者なので、それに適応するということで事前に予約をしてもらい、今日打ってきました。

 歯医者は医療従事者から除外されているんですよね。これが何とも理解しがたいんですが、お偉いさんの判断では、「新型インフルにかかっている人は、歯科医に来ないでしょ?」という判断らしく、歯医者という医者に分類される中で、新型インフルに関しては一般ピープルと同じカテゴリに入るという・・・。

 この扱い、何とも言えんね・・・。
 今日は朝早くから箱根へ車を飛ばしてきました。

 目的は紅葉見物だったんですが、思いの他、山々は紅くなってはおりませんでした・・・。それでも山のふもとまで車を走らせると、それなりに紅くなっている部分もあったわけなんですが、どうにも紅葉とは言えず・・・。時期が悪かったのか、それとも箱根周辺はあまり紅葉がないのか・・・。早く出かけた割には収穫の少ない一日だったように感じます。

 道もそれなりのペースで行けたんですが、小田原の鈴広周辺が大混雑。それでもそこの地下駐車場が空いていたので、昼食休みに突入。
 今回はこちらのメニューにもある「うしおご膳」をいただきました。写メに撮ろうとしたんですが、あまりの大きさに座っているポジションからでは被写体が全て入りきりませんでした。メニューの写真以上のボリューム感には驚きでした。

 さて、昼を食べ終わったのが15:00すぎ。いつもならこのまま自宅へ引き返すところなんですが、今回のメインは紅葉見物。それを見ずに帰るのもなんなので、珍しく箱根方面へナビをセット。たださすがにどこへ行くか目的がないとナビの意味が無いので、一度箱根へ来てスルーしてしまった山のホテルへ行ってみる事に。

 鈴広からものの10kmという距離なので、そんなに時間はかからないだろうと思っていたら、残り半分のところから大渋滞に巻き込まれ、10kmを1時間かけて現場に到着。


 何ともレトロチックなホテルでした。もちろんいい意味で。

 我はこの29年間を考えてみると、ホテルらしいホテルってプリンスホテルくらいしか行った事がない感じがします。そのプリンスホテルは、なんか豪華さが全面に出ている感じですけど、山のホテルはとても落ち着いた感じのホテルです。ホテル全体はそんなに言うほど広くはないけど、富士山や芦ノ湖を一望できる景色は、晴れだったらどんなに気分が良かった事か。ちなみに、富士山は雪化粧をしておりましたよ。
 それに今日はたまたま結婚式が行われていたようで、新郎新婦のどちらかが我らファミリーと同じ苗字だった事も何となく嬉しく思ってしまいました。

 展望台に登ってみたかったけど、宿泊客以外は立ち入り禁止だそうで・・・。そんなのわからんだろと思いつつも、ダウンコートに紅い毛糸の帽子にマスクをしている宿泊客がいるか?と我の風貌に突っ込みを入れられそうだったので、仕方なく断念。

 でもね。一度泊まってみたいホテルでしたねー。17:00を回って既に外は真っ暗。紅葉を見る事は車中からでしかできませんでしたが、いいホテルだったと。これが今回の収穫でしょうかね。

 帰りは2時間かけて、西湘バイパスから1号線を通って渋滞の中、帰って来ました。やはり渋滞に加えて道が暗くもなると、睡魔に襲われるのも早いです。

 結局のところ、9:30に家を出て、19:00過ぎに帰宅。この時間、なんとも車中にいたのは5時間弱。車から出たのは食事のみ。
 …何かもの足りない、そんな一日でありました。
 いよいよ今年もあと40日。そして、だんだんと師走の気候になってきた。

 というか、気温の変化が激しすぎる。
 この一週間は、ダウンコートと2・3週間前にユニクロで購入したネックウォーマーに世話になりっぱなし。まだ手袋と帽子を装備してないから真冬の完全武装ではないけど、そろそろこれらも準備しなくてはならないな。あとは自宅用で風呂上がりのスウェットが必要ですな。
 気がつかずに貧乏ゆすりをしている始末で、足元の寒さをこれでしのいでおります。

 ・・・だらしないけどね。


 それだけ寒さに弱い我にとっては、今の時点でも過酷な日々であります。

 それに寒いと嫌な記憶がぶり返してくる・・・。
 詳細は↓↓にて。
 http://vivavivaherog.blog74.fc2.com/blog-date-20080101.html
 簡単にエリザベス女王杯の予想をば。

 ◎12ブロードストリート
 ○16ブエナビスタ
 ▲ 2メイショウベルーガ
 △17ムードインディゴ
 △ 8カワカミプリンセス

 こんな感じで。
 11月12日。

 実は祝日になっていたかもしれなかったんですねー。

 4月に配布された予定表では今日が「祝日予定」となっておりましたが、その後インターネットのサイトをみていたら、その法案はおじゃんになったとか。

 せっかく休みを満喫できると思ったのに・・・。
 夏の選挙で、自民党が民主党に大敗したからでしょうかね?

 それにしても、せっかく休みかもしれないと言うこの思いをぶち壊してくれたこのショック、どうしてくれよう!
 …まぁ、この時間になってしまえば、もう休みも登校も変わらないですけどね。

 一日一日を精一杯生きていくだけですね。
 今日は午後、外人の患者さんが来院されました。

 上顎右側犬歯の根管治療だったんですけど、ドクターが英語で対応。我は面白そうだったので、アシストについたんですが、何しろ根管の長い事長い事。

 ファイル(歯の神経を取るはりのような道具)の長さがSで21mm、Lで28mmの2種類なんですが、この28mmがズボズボと入っていってしまうのにも驚かされました。そんなにやると眼窩下底にまで行っちゃうんじゃね?と思えるくらいまで入っていきました。

 んで治療終えたドクターに聞いてみたら、なんと根管が33mmもある外人さんもいらっしゃったようです。その時は仕方ないから歯冠を削ったと言ってましたけど、上には上がいるもんだなと思いましたよ。

 28mmでショックを受けている場合じゃなかですね。
 これは我ではなく、友達なんですけどね。

 月曜まで普通に登校してきてた奴だったんですが、今日は珍しく病院に姿を見せませんでした。めったに学校を休まない奴なので、珍しい事もあるんだなと思っていたら、なんと休学したと言うウワサを聞きつけてしまいました。

 マジで!?と思い、教学部へ足を運んでみると、それはホントだと。

 うーん、正直ショックでした。まぁ事情まで話してしまうとプライベートな事だから公にはしないけど、理由を聞くとなんとなく納得できる部分もありました。地元から親御さんがやってきて、本人を引き取りに来たようです。まぁ後は本人の気持ち次第だけど、紆余曲折はあったにしても、せっかくここまでやってきたのに・・・。今後の発奮に期待したいところです。


 まぁ人は人、我は我。

 自分自身でいっぱいいっぱいな我ですが、そんな中、CR充填に挑戦しました。
 CRってのはコンポジットレジンの略で、歯にプラスチックの詰め物をしていく作業です。wsd(くさび状欠損)の患者さんだったんですが、我は昨年から数えてもCR充填はやった事がありません。OSCEでチラッとかじった程度の腕前。もちろん、患者さんの前で「やった事がありません」なんて口が裂けても言えないので、今まで見学してきた記憶の糸をたどりながら、ちょっとずつレジンを詰めていきました。30分経過してようやく2本の歯の充填が終わり。ドクターに終わった事を報告すると、何やら怪訝そうな顔つきに変化。
 終わってからは別に怒られるほどの事を言われたわけではないんですが、どうにも自分自身で納得のいくものじゃなかったので、ちょっと沈んでおりました。次からはどっかりとレジンを盛る事にします。
 せっかくの休みだと言うのに、なんなの?この寒さは!?

 最低で6度、最高でも14度。なんでも11月下旬から12月上旬の寒さだとか。

 どおりで朝は布団から出にくかったわけだ。10時過ぎに起きても、昼過ぎにはまたすぐに眠くなってしまった。だから今日は一日中、毛布を体に刳るまいながら、久しぶりにゲームでもしながら一日を過ごしておりました。

 そういや、床屋にも行きたいんだよなー。もう夏以降、切っていない感じもする。
 こないだも班員に、「Miroさんて天パーですか?揉み上げのところがえらくカールしてますよ。」とか言われた。確かに我は天パーだけど、床屋に行って以降、揉み上げも全然剃っていないなー。まぁあんまりカールしているようだと見たくれもよろしくないから、はやく髪を切りたいなーとは思っているんだけど・・・。
 本当は今日は床屋に行くという選択肢もあったんだけど、この時期にこの寒さでは外に出る気にもならなかった。

 今週の土曜日にでも行ってくるか・・・。
 あの名勝負からもう一年が経過しようとしているのか・・・。昨年はリアルタイムで見れなかったからなー。今年もあんな勝負を期待したい!

 ◎ 7ウオッカ:もちろん本命。やっぱり逃げるのは性に合ってない。差してこそのウオッカだと思う。去年も今年も毎日王冠は逃げて2着。別に悲観するような内容じゃないと思うんですが、今回も中断で待機するんじゃないかなと。得意のコースだし、ダイワスカーレットもディープスカイもいないこのレース、連覇は鉄板か!?
 ○10シンゲン:今年頭角を現した晩成の星。さらに東京コースの成績も優秀。経験はウオッカに分があるが、何よりも藤田Jvs豊Jというこの構図。G1で豊Jが1番人気になると、藤田Jがサラッとかっさらってしまうイメージがある。フサイチコンコルドvsダンスインザダークのダービー、シルクジャスティスvsマーベラスサンデーの有馬記念。両方とも10年以上前のレースだけど、この2レースのイメージがどうにも頭から離れない。人馬共にこの対決は見逃せない。
 ▲15オウケンブルースリ:東京巧者の祖父・トニービン、父・ジャングルポケットも3歳でジャパンカップを制するなど、東京コースに強かった。距離を懸念する声も聞こえるが、2000mを走った事がないわけじゃないし、前走を惨敗したわけでもない。勝ち負けまでには食い込むと思う。
 △12ドリームジャーニー:G1馬だが、ここの評価に落ち着いた。前走は中山巧者のマツリダゴッホに屈したが、直線の距離が伸びる東京ではこちらに分があると見る。ただ、東京コースは一度も勝てずに負けが続いているのが気にかかる。
 △ 5ヤマニンキングリー:前走はそれまでの安定感が嘘のように惨敗。いわゆる「二走ボケ」じゃないかとみる。中穴的存在だが、勢いを取り戻したと見て買いたい。

 今回はこの5頭で。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。