ヒマジンの言霊

ようこそ!!ここでは日記にスポーツに競馬にゲームにと、のんびりまったりと、時には過激に、思った事や好きな事を書いていくブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 サッカーのアジアカップの次は、野球のキャンプ。

 横浜ベイスターズのこのオフ、身売り騒動などあまりよくない話題が先行した…。


 仕方ないよなー、あんなに弱いんだもの。
 
 リーグの台風の目になってほしいな。
 せめて最初は最下位脱出!

 これがまず目の前の目標でしょう。

 目標は高く設定した方がいいのは確かだけど、それで3年連続90敗以上のダントツ最下位とかしてるんじゃ、まずは現実を見つめなおすところから始めなきゃいかんと思うんですよ。

 まー、我にもそれは言えることだけど。

 今年も怪我なく頑張って欲しい!
スポンサーサイト
 マジでよくやってくれた!

 2011年アジアカップは日本が最多の4回目となる優勝で幕を閉じた。。
 これでブラジルで行われる2013年のコンフェデレーションズカップの出場権も獲得!

 ここまでサウジアラビア戦以外は全て失点してきた守備陣が、この決勝の120分、オーストラリア相手によく守った。本当に危ないシーンも多々あったけど、結果的に無失点なら良し!

 さらに、延長後半に李がドフリーの状態から決勝のボレーシュートはマジですごかった。ザッケローニ采配すごし!
 キャプテン翼で新田が未完成の隼ボレーシュートを試合中に完成させたシーンがあったけど、あれに似ている感じがした。

 まさしく、スーパーボレーシュートだったと思う。


 試合終了のとき、代表に招集されながらもピッチに立てなかった槙野や12番の選手(新潟の酒井)、怪我で離脱した松井と香川のユニを着てピッチに出てきたのもいい光景だった。本当にフィールドプレーヤーとベンチの選手が一体となって臨んでいた大会だったと改めて思った。

 MVPは本田らしいけど…。
 うーん、個人的には長友にあげたかったなー。


 次の大きな大会は招待されている7月のコパ・アメリカ(南米選手権)か。

 アジア王者という肩書きに恥じない戦いを見せて欲しい。
 情けない事に、今年度卒業ができなかった我。

 2月はしばらく気分転換もかねて、アルバイトを決行します。


 もう面接は終わり、採用が決定。

 昨日、初日を迎えました。
 いきなり勤務時間が午後6時~午前6時までの12時間労働。

 まさかいきなりそんな労働時間を強いられるとは思いませんでした。
 深夜労働はあまりないと説明会の時に聞いていたのに、いきなりそうくるかー?ってな感じで。

 幸い、徒歩でいける距離なので、電車の時間とか全然気にしなくていいんですが、午前6時は中々きつい。
 6時30分に風呂に入り、そのまま午後1時まで寝ておりました。


 バイトは初ではないですが、もう10年ぶりくらいになりますかね。

 ただ、職場はものすごいアットホームな雰囲気で、上の方々もいい人ばかりで、何とかやっていけそうです。

 とりあえず今日は休みをもらいましたが、明日はまた同じく12時間労働。
 ま、深夜手当てもつくし、ちょっと頑張ってみようと思います。
 よっしゃー!!

 いやー、よかったよかった。

 追いつかれた時は勢いそのままに韓国にPK戦もやられちゃうんじゃないかって思って、PK戦は見なかった。

 でも勝ててよかったよー。
 明日、録画したものをちゃんとみよう。

 点をとった前田に細貝、延長でPKを獲得した岡崎、PKを防いだ川島もよくやったけど、個人的に今日の試合は長友がすごかった。無尽蔵のスタミナで延長でもフィールドを走り回っていた。前田の同点弾をアシストしたし、PK戦で外しちゃったけど、個人的には今日のMVPです。

 決勝はたぶんオーストラリアだと思う。
 ここまできたらもうひとつ勝って、アジアの頂点になってくれ!
 ヨドバシのコーナーに、ニンテンドー3DSの体験コーナーが設置されていたので、さっそく触れてきた。


 まず第一印象。

 これはね、目が疲れるよ。
 疲れている時にはやっちゃダメだね。6歳以下は×ってのも頷ける。

 体験してからしばらくの間、目がチカチカしていたもん。

 昔、スーパーファミコンでスターフォックスが発売された時、あんなのやってたら目が悪くなるとか、そんな感じを持っていたけど、今回の3Dはハンパない。

 でもね、3Dメガネなしで立体にみえるのは、やっぱりすごい技術だと思いますよ。


 1月20日、弟に頼まれて本体を予約してきました。
 ただ、ぶっちゃけた事いうと、同時発売されるソフトに魅力を感じない。

 別に3Dにしなくてもいいんじゃない?って感じのソフトばかりだし。

 ま、それは今後に期待ってことにしておきますか。
 いやいや、こりゃすごい試合だったねー。

 DF吉田を後半レッドカードで欠き、開催国との対戦という超アウェーという状況で、2度リードを許しても3-2で逆転勝ち。

 なんか、2004年アジアカップのバーレーン戦を思い出した。

 香川が2点目を取った時のチームのテンションの上がり方はハンパなかった。
 あれで勢いがついたかな。

 こういう状況で代表チームは成長するんだなー。

 それにしても、コレといった「中東の笛」というジャッジはなかった感じもする。
 ずっとワンセグでみてたから、細かいところはよく分からなかったけど。


 次は準決勝。
 次は本田にゴールが欲しい。
 連休中、生まれて初めてくさやを経験した。

 Wikiで調べてみると、くさやって魚じゃないのね。干物の一種なんだ…。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8F%E3%81%95%E3%82%84

 土曜日にいただいたこのブツを、日曜日に食したわけですよ。

 ウワサに聞いちゃいたけど、確かに臭い。
 半分鼻声の我ですら、その臭いを感じ取る事ができたもの。

 ブツによって臭いは様々だと思うけど、ファーストインプレッションは、動物園のフンそのものの臭いだった。(←文字を反転させれば読めます。)


 卒倒するような臭いじゃないけど、ありゃキツイ。
 
 味は全然悪くない。
 ただ、ファーストインプレッションでその臭いの元が想像されちゃってるから、それを口に含んでいるって考えると、気分が悪くなってくる。

 いくら健康食品でも、もー食いたくない。
 日本にとって2011年最初の国際試合・アジアカップ初戦。

 ヨルダンとの試合は何とか同点に追いつき、1-1のドローで勝ち点1を獲得。


 うーん、何だかW杯や親善試合で戦ってたような流れる感じの試合展開じゃなかったと思う。

 まー、親善試合とか全くなしのぶっつけで本番を迎えたから、これから良くなってくるでしょう。


 次のシリア戦は落とせないぞー!
 さっき、ふとテレビを見ていたら、スマステでトリックアート特集をやっていた。
 http://www.trick-art.jp/index.html

 ちょっと前でも同番組でトリックアートの事をやっていたんだよねー。
 トリックアートって、だいぶ前にこち亀(単行本80巻台だったと思う)でもやっていたけど、あの時から興味があった。

 でも、こういうものには行った事がない。


 だから今年の目標は、このトリックアートを見に行く事にしようかな。


 那須高原だと横浜からどれくらいかかるのか、逆算してみないと分からないけど、一見の価値はある。

 絶対にある!


 検索してみたら高尾山にもあるようだけど、どっちでもいい。
 今年はこのトリックアートを観るのを目標に、時間を作る計画を立ててみようかな。
 正月三が日は駅伝をみていて、一歩たりとも外に出ていなかったから、今日は近所の神社へ初詣でに一人で行ってきた。

 考えてみりゃ、初詣でに行ったのってこの日↓以来だ。4年ぶりになるのかな。
 http://vivavivaherog.blog74.fc2.com/blog-entry-108.html

 まーもうこのくらいになると人もまばらですよ。参拝にはちょうどいい。

 財布の中身を全く確認しておらず、小銭が100玉しかないというブルジョアぶり。奮発して100円を気前よくぽんと投げ入れ、二礼・二拍手・一礼。

 もちろん祈願は、無事卒業でき、国家試験もクリアできるように頼んできました。


 それで恒例のおみくじタイム。
 
 今回は……ジャン!
 110104_121709.jpg

 大吉、キタ━━(゚∀゚)━━!!

 今年はいいスタートを切れそうだけど、三次試験がもうあと2日後…。

 正月休み明け直後に試験って、こら大変だわ。


 まー、なるようになるでしょ。

 あと2日、天命を尽くしましょ…。


 今日は初詣での後、神社の近くにある母校の小学校を突撃訪問してみた。
 いやー懐かしいなー。卒業した18年前そのまんまだった。

 最初は学校の周りをぐるりと一周。校舎の裏にある裏庭なんかちっとも変わっていない。
 裏からチラッと校庭が見えるんだけど、子供が何人か遊んでいるようだった。

 人がいるって事は、校内に入れるって事だよな。

 一周して帰るつもりだったけど、正門の隣の小さな門が開いていたんで、意を決して校庭に行ってみた。


 ↑でも書いたけど、本当に我が卒業したそのままの状態だった。

 5・6年の時に世話になったバスケットコート、巨大な的あて、ジャングルジム、鉄棒、そしてサッカーのゴールネット。校庭の隅にあった飼育小屋に、そのとなりにあった地方の岩の種類。その近くにはどこの学校にもある(と思われる)二ノ宮金次郎像(これは在学中はほとんど記憶になかった)。何もかもが記憶に残っている。

 そして校舎に近づいて行ってみた。
 校庭では児童(らしき子供)が遊んでいる。

 我からすると懐かしんでいるけど、赤の他人から見れば、なんじゃコイツ?みたいな怪しい人間にしか見えなかっただろう。
 正直なところ、その子供たちの疑いのマナコが我をグサグサと突き抜けていった感じがしてならなかった。

 ここらが潮時だなと思い、そのまま帰宅。


 久しぶりに小学校の時の記憶が蘇りましたよ。
 
 あの時はあの時で楽しかったなー。
 遊んで学んで、褒められて怒鳴られて、今となっちゃ本当にいい思い出です。
 第87回箱根駅伝・復路は6区で東洋大を逆転した早大がそのまま逃げ切り、総合優勝となった。
 
 昨日の柏原がいなければ、完全優勝だったのにね。

 東洋大も少しずつ差を縮めるけど、早大が崩れなかった。
 最終区で襷を受け取った時は、もしかするとラストのトラック勝負になるかもしれないと思ったけど、最後は早大が逃げ切ったな。

 
 それよりも、今回はシード権争いが壮絶だった。

 あんなにドラマティックな展開が最後の最後で用意されているとは、思いもしなかった。

 3つのシード権を4校で争うサバイバルレース。
 直線最後で國學院・寺田が誘導車に気を取られたか、直線を真っ直ぐ行くはずが、誘導車と共に右に曲がってしまい、道を間違えるというアクシデントが発生。最後の直線で何とか城西大を交わして、初のシード権を確保。

 これもしシード権を手にできなかったら…と思うと、彼の陸上人生が終わっていたかもしれない。ちょっと大袈裟だけど、それくらいの気持ちだったと思う。シード権を落としていたら後世にまで語り継がれるアクシデントですよ。

 何よりも今回は脱水症状や途中棄権になるようなアクシデントがなかったのが幸いだった。転倒とかはちょくちょくある事だけど、10区で繰り上げスタートとなった日大以外は襷をつなぐ事ができたし、選手にとっては後を引きずるような感じにならなくて良かったんじゃないかなと思います。
 第87回箱根駅伝がスタート。

 普段はお寝坊さんな我も、今日は条件反射で目が覚めてしまうんだなー。
 午前3時過ぎに寝たけど、7時45分には目が覚めてしまったもの。

 お陰で今、めちゃくちゃ眠い…。

 さて、書くことは去年↓と一緒。
 http://vivavivaherog.blog74.fc2.com/blog-entry-803.html

 違うのは去年は明大だったのが、今年は早大になったって事くらいか。


 早大1区のルーキー・大迫は噂に違わぬ走りを見せた。

 2区は東海大・村沢が歴代2位・日本人歴代最高タイムをたたき出し、20位から一気に3位にまで進出。過去にも外国人留学生が多い2区で記録を作るというのは本当に凄い事だと思う。地味に青学大が5位にまで進出してきたのには驚いた。
 それにしても、佐久長聖高の安定感はハンパないな。

 3区・4区は相変わらず地味。3区は山学大・モンマスが11人抜きの区間賞。4区では帝京大の西村が区間新を記録。でも本番はここから。

 5区の山登りは東洋大・柏原が登場。区間新はならなかったけど、首位・早大と襷を受け取った時点では3分あった差を縮めて、3年連続の往路優勝の立役者になった。2位で襷を受け取った東海大・早川の交わされる瞬間の苦笑いが印象深かった。

 個人的には城西大が結構頑張ったと思う。2区では神大と最下位を争っていたけど、3区・4区・5区で大躍進して7位。また、その神大も5区で区間3位という走りを見せて、15位ながらもシード権争いのできる位置につける事ができた。

 この駅伝は大半は神奈川県を走っているんだから、やはり地元の大学には頑張ってもらいたいな。
 明けましておめでとうございます!


 2010年が過ぎ去り、2011年の幕開けです。

 昨年は残念な事があった方も、今年はいいことがありますよーに。

 このブログを訪れた方に、幸あれ!



 今年もどうぞよろしくお願い致します。


 
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。