ヒマジンの言霊

ようこそ!!ここでは日記にスポーツに競馬にゲームにと、のんびりまったりと、時には過激に、思った事や好きな事を書いていくブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 もう4月が終わってしまう…。


 卒業試験までのカウントダウンを行っているけど、気がつきゃ残り200日を切った。

 早いなー。
 今の我には、重力と空気が通常の「精神と時の部屋」が必要です。

 まだ半年近くあるけど、やはり時間はすぐに過ぎ去ってしまう。


 世間ではゴールデンウイークだが、我には遊んでいるよゆーはない。
 
 来週は一発目の正規の試験も待ち受けている。
 気を引き締めて行かねば!
スポンサーサイト
 皐月賞の予想を簡単に致します。

 ◎ 4サダムパテック
 ○12オルフェーブル
 ▲ 6ダノンミル
 △13リベルタス
 △17プレイ


 震災の影響で、東京で開催される皐月賞は23年ぶりだとか。
 我が競馬を始めた頃くらいの時、「東京2000mには魔物が棲んでいる」って言われるくらい、1番人気の馬が勝てなかった時期があった。それを強く印象づけたのは1998年のサイレンススズカが予後不良となってしまった天皇賞だった。あれは宝塚記念のライスシャワーと同じくらいの衝撃度だった。

 2000年に天皇賞でテイエムオペラオーがそれを払拭してから、その傾向は小さくなっていった。

 魔物よ、頼むから顔を出してくれるな!
 勝たせないだけならまだいいけど、怪我だけはさせないでおくれ。


 そういや、先週から関東でも一部を除いて、場外馬券場で馬券が発売されるようになった。もちろん、横浜でも買えるようになっているみたい。

 さらに、今週からは5単式なる新馬券制度も導入された。最高は2億円だとか。
 ま、インターネットでしか買えないから、今の我には関係ないけどね。


 …話がそれたけど、以上の5頭を予想します。
 もうあと一週間で4月が終わっちまうのか。

 1日にいきなり試験をして、それから3週間。
 本当に1日1日が光陰、矢の如く過ぎていく感じがする。

 それでも、今は充実した毎日を過ごせている。
 勉強勉強と当たり前の日々だけど、今はこれが苦になっていない。


 去年の我と比較しても、全然違う感じがする。
 去年は一週間がえらく長いとか書いていたけど、今はとてもではないが時間が足りないくらいだと感じている。


 今年、研修医となった元同級生とかに顔を合わせると、「今年は受かるよ!」といつも大きな事を我自身が言っている。口だけで終わりにしたくはないが、こうする事で我自身を奮い立たせている。
 正直、今年合格できる保証なんかどこにもないけど、今はそれを言えるだけの勉強をし、日々の復習をしているつもりだ。それに、今年は我も意気込みが全く違う。

 我自身、ここまで気持ちが切り替わるとは思わなかったけど、わからんところは研究室まで訪ね、どう勉強すればいいか先生に聞きに行ったりもしている。

 これがどういう結果を生み出すのか分からない。

 しかし、
 今年の我は、一味も違うぜよ!
 プロ野球が開幕して1週間が経過。

 まだ消化した試合数もほんのわずかだが、横浜ベイスターズファンとしては、胸熱な1週間だった。


 本日の試合を終えた時点で、3チームが首位に並んでいる。

 しかも、そのうちの2チームが横浜と広島カープという、誰がこんな事を予想できただろうか?という展開だ。


 まだ両手で数えるくらいしか試合はこなしていないが、それでも万年5位6位チームが首位にいるとは思いもしなかった。
 しかも火曜日からは、横浜をホームにベイスターズvsカープという、早くも天王山決戦(?)が実現した。


 何かチームのムードはもの凄くいいみたいだし、今日は1安打完封負けを喫したが、打線も活発である。
 ただ、投手陣は全くいつも通りで、心許ない。。
 何とか打線が好調な今の時期に、投手陣の整備をしておいて貰いたい。

 正直、こんな状態がいつまでも続くとは思わないです。打線は水物と言うしね。


 何とか先発陣は少しでも多くのイニングを無失点で投げきってもらいたいものです。
 よ、横浜ベイスターズが、開幕カード勝ち越しだってー!?

 
 嬉しすぎるじゃないかyo!

 今年は例年以上に草葉の陰から見守ろうと思っていたのに、もうwktkするしかないじゃないかー!


 開幕カードを勝ち越したのは11年ぶりだそうで…。

 じゃあなに?21世紀初の出来事って事か!?
 何とも情けないけど、その分嬉しさ倍増!


 今年は我も頑張るから、ベイスターズもぜひ頑張って欲しい!
 明日、プロ野球が2週間遅れで開幕する。

 毎年この時期になると、同じよーな事を書いているもの。
 もうね、我も多くは望まない。

 横浜ベイスターズが台風の目となってリーグを、そして球界を活性化させてくれれば、もうそれでいい。

 別に優勝争いをしろとか、Aクラスを狙えとは言わない。


 どうせ最下位になるんだ。
 だったら、過度な期待はせず、温かい眼で見守るのが一番いい。

 勉強勉強で現地への応援にはいけないし、我は星明子みたいに影からそっと行く末を見守らせてもらいます。
 今年も桜が満開の時期です。
 今日が多分、お花見にうってつけの休日じゃないでしょうか。


 そんな中、今日は牝馬クラシック第一弾の桜花賞です。
 優勝候補最右翼のレーヴディソールが離脱し、混戦模様で難しいけど、予想の方に参ります。

 ◎13ライステラス:結果論ではあるが、前3走の重賞は、後の世代チャンピオンに負けている。て事は、レーヴディソールがいない今、コレが来る確率が一番高いんじゃなかろうかという単純な理由で本命にする。
 ○16ホエールキャプチャ:メンバー中ではこの馬が一番強いんじゃないかと思う。レーヴディソールにジュヴェナイルフィリーズは敗れたけど、2着を確保。今年初戦のクイーンカップも快勝した。ただ、クイーンカップから桜花賞に直行して勝った馬はいない。優勝馬はどこかしらのトライアルを勝ち負けに関係なく必ず使っている。今回、トライアルを使わずに勝つ前例を作る事ができるか。
 ▲17トレンドハンター:ダート戦デビュー2着からフラワーカップを含めて3連勝中で、勢いに乗る。もう一戦、芝でのレースを見てみたかったが、実力を出せるか、たまたまか。ここは一か八か。
 △10スピードリッパー:6戦して2着4回、3着1回と健闘が光る。こういうのが大レースでも案外入ったりするから侮れない。
 △15フレンチカクタス:フィリーズレビューから桜花賞を勝ったのはキョウエイマーチ・ラインクラフトくらいしかいないが、ゼロではない。トライアル重賞を勝ったこの馬も優勝の一角ではないかと予想する。


 以上の5頭を挙げます。
 元サッカー日本代表監督で、鹿島アントラーズでJリーグ創設期に活躍したジーコの呼びかけで、ブラジルで日本を支援するチャリティーマッチが開催されたようだ。
 http://www.soccer-king.jp/world/article/201104081405_brazil_zico.html

 夕飯を食べている途中、これまたアントラーズで活躍したアルシンドがNHKのニュースのエンディングにチラッと映って、この一言。

 000.jpg

 さすがに年をとっちゃったなー。
 でも、まさかNHKでこのフレーズが聞けるとは思わなかった。

 あまりの懐かしさに、我は泣けてきてしまった。


 アルシンドといえば、その髪型からアデランスのCMに起用されていて、

 「トモダチナラ、アタリマエー」

 のフレーズで有名だけど。




 でも、嬉しいことだ。
 サッカー界では日本の支援をしてくれるために、世界のあちこちで慈善試合をしてくれている。

 ↑の記事では、ブラジルも洪水の被害に遭っているというのに、日本の支援分の方が多いとは…。

 本当に感謝感謝です。
 久しぶり大きく長い地震が来た。
 最高で震度6強か…。

 被災地の方は大丈夫かな…。
 津波や原発の方も心配だけど。


 横浜は震度3だった。
 我は風呂に入っていたためか、最初は気づかなかった。

 親父が地震と騒いでいたけど、大した事ねーべと思っていたら、だんだんと揺れてきた。


 それも結構長く揺れが続いた。

 ふと、3月11日のあの日を思い出した。
 あの時も今日くらいの揺れから、一気にドーンと大きく揺れたんだ。

 それがないのを祈るのみだった。


 地震が来ても、本当に何もできないな。
 パニックにならず冷静に状況を把握することくらいしかできないけど…。
 前回のバトンは前々回からなんと5ヶ月ぶりでございました。

 さて、音楽バトンの2連荘目は歌詞バトン。


 歌詞バトンってちょっと難しいけど、曲でもいいみたいだから、ポンポンポンと当てはめてみました。
 きょうの授業終了後、いろいろと相談しに、担任のドクターの研究室へ。


 すると、「Miro、この音楽知ってる?」と洋楽を振られ、

 「知りませんです。」

 洋楽は全く無知の我ですから、とーぜんの返答です。

 「この人のギター、もう聞けないんだよなー」と、ドクターが感慨深そうに話しておりました。



 そこで、きょうは音楽にまつわるバトンを久しぶりにやりました。
 この間、iPod touchを購入しようかどうしようか迷った経歴があるから、このバトンを致します。
 選抜高校野球は東海大相模が優勝した。

 実は我、この試合は全く見ておりませんでした。
 とあるワケがあって、夜更かししてしまった。

 今週は北海道から親戚が来ていたので、昼は外食に行く事になっていたのに、それまでずーっと寝ていて、起床と同時に出発。
 帰ってきたら試合は終わっておりました。


 この大会、母校・横浜高校は1回戦負け。
 かたや、同県の東海大相模は選抜優勝。

 …夏の県大会は一筋縄ではいかんぞ、これは。
 新学期が始まった。
 それと同時に、我の卒業試験そして国家試験への道のりが今年も始まる…。


 今年はなんと!
 4月1日の初日に試験が行われた。

 うそだろ…?
 今日はエイプリルフールだからな。全く学校も冗談キツイゼ、ハハハハハ…。

 しかし当たり前だけど、これが冗談のはずもなく、ちゃーんと実施。

 問題数が少なかったのが助かった。
 試験終了後、ガイダンスまで時間が結構余ったから、近所にモヤモヤを探しにブラブラと歩いたけど、モヤモヤするようなのが何もない。


 ガイダンス中、グループ毎に班長と副班長を決めなきゃいけなくなった。
 それが同時に今年の卒業対策委員を任される事になる。

 5グループあるから、10人が選出される。

 我のグループは誰も名乗りを上げないから、ジャンケンで公平に負けた者2名を選出する事に。
 20数名の中、見事に我は負けた2人に入ってしまった。

 こういうところでも、我は持っているのかもしれない。
 

 でも、これをやって国試不合格になった者は昨年はいないという、担任のお言葉をいただいた。

 ふっふっふ、これでもう我も合格は間違いなしだな!

 すんません、チョーシに乗りすぎました…。

 それにしても、ジャンケンで公平にとはいえ、留年生の我が対策委員をやるなんて本末転倒だ。
 しかも、昨年学年最下位の我が対策委員なんて、もうね…。
 それに、まわりは見事に知らない連中ばっかり。当たり前だけどね…。


 だが、なっちまったものは仕方がない。
 最下位からの下克上を果たしてみせようぞ!


 それにしても、今日はエイプリルフールだって言うのに、我が嘘をつくヒマもありゃしない。
 願わくば、今日の出来事全てがエイプリルフールであって欲しいくらいだ。

 でもまぁ、いいか。
 この嘘をつけなかった鬱憤は、我が一年後に喜びに変えて晴らそうじゃないか。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。