ヒマジンの言霊

ようこそ!!ここでは日記にスポーツに競馬にゲームにと、のんびりまったりと、時には過激に、思った事や好きな事を書いていくブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 多分、昨日だと思うが、厚生労働省から第105回歯科医師国家試験の新たな出題形式が採択されたようだ。
 http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/shikaishi/shutsudai_keishiki.html


 やっぱり、段々と難しくなっていくのか。
 どんなにダミーを張ろうとも、真実(正解)はひとつ!(`・ω・´)キリッ

 みたいな虚勢は張れても、心配だなぁ…。
 きょうは上半期の総決算、宝塚記念です。


 ◎ 9ローズキングダム:今回の我の夢はローズキングダムに託す。人気が落ちたダービーやジャパンカップも勝ってきてる。今回は距離もコースも違うけど、レベルの高い世代の元チャンピオンとしての意地を見せてもらいたい。
 ○14トゥザグローリー:ローズキングダムと同じ父を持つけど、やはり3200mは長かったのかな。この馬も徐々に実力をつけてきているし、今回は楽しみな存在。
 ▲3ルーラーシップ:デビュー以来、相撲用語で言う「ぬけぬけ」でここまできているため、前走勝っている分それだけが今回は心配である。実力はブエナビスタといい勝負ができそうなくらいまで上がってきていると思う。あとは先程のジンクスを吹き飛ばせるかどうか。
 △ 2アーネストリー:前走は久々でも3着。正直、勝ったルーラーシップが強かった。叩き2戦目の今回、チャンスありと見る。
 △ 7ハートビートソング:4歳世代の新たな刺客として我はみている。2連勝で挑んだ前走は差のない2着。初のG1の舞台で、経験豊富な他馬とどこまで渡り合えるか注目したい。

 以上の5頭です。
 ブエナビスタは今回外しました。実績・実力とも現役ナンバー1だと思うけど、混合G1はどうにも歩が悪い。今回はレベルの高い4歳世代と対するが、彼ら相手にどこまで力を出し切る事ができるかが焦点になる。
 我ではなく、祖母が。


 パーキンソンの入っている母方の祖母が、深夜に救急車で運ばれて入院した。


 つい2週間前までは、父方の祖母がウチに来ていて、それとはなしに会話もしていた。でも、親父の兄弟の家の方に言ってから1週間後、自分で歩けなくなり、ついには話す事もままならない状態にまでなってしまった。

 何より心配だったのは、食が細くなった事だった。
 あんだけガツガツ食べてた祖母が、ピタリと食べる量が減った。

 我も今は家よりも学校にいる時間の方が長いから、祖母の面倒は親に任せっきりだったから知らなかったのだが、2日前くらいから痛い痛いと言い出したようだった。
 
 どこが痛いのか聞いても反応がない。
 仕方ないから痛み止めを飲ませていたようだけど、それでも痛い痛いとか細い声で言い出すから、ついに救急車を手配してもらった。


 家に救急隊を呼ぶなんて初めてのこと。
 我らもどうしていいかわからず、とりあえずかかりつけのデカイ病院へ病状の説明をし、母と弟が付き添いで救急車に乗り込んだ。

 我と父は家でお留守番。
 というのも、付き添いでいった2人を迎えに行くため、すでにアルコールの入っている父じゃ使い物にならないから、我もお留守番という訳。


 こうなる事は半分覚悟していたけど、いざ来るとなると動揺を隠す事はできない。
 明日試験の我も、オロオロとするしかなかった。


 午前2時を過ぎたところで、入院の手続きが済んだとの事で迎えに行き、帰宅したのは3時ちょい前くらいだった。

 帰宅途中の車の中で母から聞いたら、低血糖と急性胆嚢炎だったらしい。食が細くなったのも、胆嚢炎の痛みで食べられなかったためじゃないかと思っている。

 今日病院に行って改めて説明を受けてきたが、2~3日で治るというような状況ではないようだ。
 長いスパンで見ていかないとダメらしい。


 何とか一日も早く、元気になって帰ってきてもらいたい。
 ここ最近、昔のCMにちょっとハマっておりまして、YouTubeやらニコ動やらでCMを漁っております。

 やっぱり昔のCMだから今と比較すると古臭さは否めないけど、今のCMよりもクオリティーが高いんじゃないの?ってのもあります。懐かしさ補正が多分にかかっているためかと思いますが…。


 それが、コカ・コーラJR東海・X'mas Expressの2つ。

 この2つだけは、目から涙がちょちょぎれます。
 我も去年で30になりましたが、我らがCMの記憶があるギリギリ下のラインの世代じゃないかな。


 コカ・コーラはさわやかさが、そしてJR東海は遠距離恋愛がコンセプトになっていますね。

 当時小学生だった我は、CMなんでウザくて邪魔なものっていうイメージしかなかったけど、年をとってくるとCMの伝えたい意味がよーくわかってきます。



 「さわやか、テイスティ」

 このキャッチフレーズから我の記憶にあります。その後が「Always,Coka cola」だったかな。
 流れている曲もなんとなく記憶にありますけど、リピートしていると耳に残るいい曲だなー。

 コカ・コーラのCMをガキの時に見てて、大人になったらこういう感じになりたいって思ったもんです。
 
 それが現実は、30を過ぎてもまだ学生をやってて、中学受験をした時のような勉強勉強の日々。
 「学生の本分は勉強」を25年間、地でいっているこの人生はある意味すごいなと思いますが、現実は甘くないですね。

 てか、今までが逆に甘かったのか…。 


 X'mas Expressは、この時期じゃ季節が真逆のKYな話題ですけど、このCMも今見ると良さがわかりますね。
 BGMがクリスマス・イヴってのも、本当にハマってます。彼女らは、まさに歌詞の通りの心境なんでしょうね。



 2本目の牧瀬里穂バージョンが一番有名だと思います。当時は誰だか知らなかったけど。
 80年代後半の当時、熱中してたのはファミコン、カードダス、ビックリマンシールにシュウォッチだったもの。現実の女性には興味がなかったなー(笑)。
 たしか小学3・4年生くらいの時、クリスマスプレゼントがビックリマンのお菓子が2ケース分だったときがあったけど、それはそれは大喜びで菓子の袋を開けたのをいまだに覚えていますね。

 個人的には3本目のCMが印象に残りました。演じている女優さんはあまり知りませんけど。
 携帯電話が普及していない時代だからこそのサプライズとか、出逢えた時の感動とかが伝わってきます。

 ラストのバージョンは、出逢った時も笑おうって思っていたけど、結局出逢えた嬉しさから涙が出てしまうって感じだと思うんですけどね。


 「CMは時代を映す鏡」と言われていますが、うまくは言い表せないですが、この2本は昭和後期の時代を象徴する作品のような感じがします。

 これをみると、この時代に戻ってみたいという純粋な気持ちにさせられます。
 勉学に集中するため、今年度はゲームをしないと決めてから2ヶ月弱。
 しばらくゲームから遠ざかっていたら、我の知らぬ間にWiiの後継機なんてものが発売されるってか!?

 その名も…

 Wii U
 
 全貌はほとんど知らないけど、コントローラーにもモニターがつくだと!?
 この世界の進化の早さにはアタマが下がる思いです。

 
 さらには、3DS待望のスーパーマリオも発売されるとか。

 なんでもっと早く発売しないんだ、任天堂!
 

 弟はwktkしすぎだけど、我も来年の今頃はそうなれるようになりたい。
 初心、忘れるべからず。

 土曜日、学校で勉強していて学年主任の先生に言われた言葉です。


 そう。
 3月のあの合宿の誓いと、4月のあのやる気を取り戻さなきゃいかんのです。

 いや、別に忘れているわけではないんですがね…。
 この季節の変わり目で、繊細な我の身体はすぐに悲鳴を上げてしまうんですわ(苦笑)。


 ちょっと下降気味だったやる気も徐々に上がり始めてきたけれど、どうにもペースが遅い。
 それはチューターの先生もお見通しのようでありまして、今度の試験の結果如何では、1日が24時間あっても足りない事をさせられるようです…。

 何としてもそれだけは回避しなければいかん!

 茨の道はもうお腹一杯です。
 何とか我自身の力で、底力を上げていかねばならん!



 それには、どうすりゃいいんだ…?
 上半期のG1シリーズも残すところあと2つ。
 今週は安田記念でございます。

 ◎10リディル:最強4歳世代の最後の大器。怪我で1年以上棒に振ったが、復帰してからは4戦1勝2着2回。マイル戦は4戦3勝2着1回。これは期待せずにはいられない。前走に比べて相手は格段に強いけど、上位陣を喰えそうな感じもする。
 ○ 8アパパネ:ブエナビスタにも勝った実績はダントツだけど、牡馬相手に勝っていない点がマイナス要素。トライアルで負けても本番はきっちり勝ってくるから、安定感に関しては心配してない。牡馬相手に通用するか、今回で真価が問われそう。
 ▲ 1ストロングリターン:今年になって安定感が増し、上位人気で3連対中は評価できる。東京コースとの相性も悪くないので、抑えておきたい。
 △16ジョーカプチーノ:高松宮記念では大敗するも1番人気に支持され、前走は3着と持ち直した。それでも前日23時現在では18倍のオッズ。これはおいしい展開になる可能性も大かも。
 △14リアルインパクト:朝日杯FS2着、NHKマイルカップ3着の実績を引っさげて、経験は浅いが果敢にも3歳で安田記念に挑戦。こういうのはファンとしては面白くなって嬉しい限り。あまり前例がないけど、吉か凶か。吉が出れば今後も面白い存在になりそう。

 以上の5頭です。

 今週は穴狙い的な感じで攻めたけど、これらが来たら中々面白いな。
 競馬の祭典・日本ダービー。天気が悪いのが本当に残念です。
 去年ほどの好メンバーではないけど、一競馬ファンとして、ダービーはやはりワクワクしてきます!

 それにしても、どの馬に絞るか難しい…。
 
 ◎10ナカヤマナイト:皐月賞はトライアルを使わず、ぶっつけでの勝負だった。それでも掲示板にのったんだから能力はある。前走はあくまでも叩き台とみれば、一戦しての変わり身はあると見る。馬場的に一昨年のような展開になると思っているので、道中は前で勝負するこの馬を本命にする。
 ○ 5オルフェーヴル:皐月賞では対抗にしたけど、強い勝ち方だった。今回も同じ東京コースだし、血統的にも距離延長はプラス要素。馬場状態がどちらに働くかだが、能力が高いから、一気に押し切る可能性もある。
 ▲ 6クレスコグランド:3連勝中と勢いに乗る。前2走で重馬場を勝っているというのも強み。距離もその時と同じなだけに、展開が向けば上位陣をも喰らえる。
 △11デボネア:あのドバイミーティングの主催者でもあるシェイク・モハメド殿下が所有する馬で、さらにあのランフランコ・デットーリを迎えてのダービー参戦。アウェーとも言えるジャパンカップでの通算3勝の騎乗ぶりは軽視できない。馬自身も前走は低評価を覆しての4着と善戦。どちらに転ぶか分からないが、買う価値はある。
 △17ユニバーサルバンク:8戦して2着5回の安定感を買いたい。

 以上の5頭で。
 今日は午前中で授業が終わるのをすっかり忘れていた。

 チューターの先生に予定表を見せに行く予定だったけど、病院が終わる午後5時まで待てなかった。
 調子が下降気味っていうのもあったけど、今日は気分をリフレッシュさせようと思い、そのまま帰ってきちゃいました。

 先生、ごめんなさいっ!!

 
 さて、気分をリフレッシュさせるには、やっぱり銭湯でしょう!

 というわけで、震災直後以来、久しぶりに上星川の銭湯に行ってきました。
 きょうの日替わり湯は、さくらんぼ湯だったな。

 そういやここ最近、どうにもお腹のタプタプ具合がどうにも気になって仕方がなかった。
 今日はジェットバスで腹回りを重点的に直撃させるぞー!

 ずーっとお腹にあてていたら、腹回りが痒くなってきた。
 なるほど、血行が良くなると、痒くなるのは本当だったんだ。

 よく親の肩もみをすると、痒い痒いって言う気持ちがよーくわかりました。
 ジョーダンで言ってるんじゃないんだな…。


 久しぶりの銭湯。
 しかもめちゃくちゃ空いていた!過去2回ともウンザリするくらい混んでいたのに…。
 
 いやー、気分良かったなー。
 コレを機に、我の調子も上げていかねば!
 扁桃腺炎はもう完全に治ったんですが、これ以降、どうにも調子が上がる感じがしません。

 季節の変わり目で、体調が変化しやすいというのもあるんでしょう。
 それに朝、非常に目覚めが悪くて、それが授業にまで引きずってしまうと、もう最悪。


 決して身体のどこかがおかしいってんじゃないんですが、まぁ調子が悪いならそれなりの方法で乗り切っていくしかないな。
 ちょっと予定表どおりに進めていないので、金曜日にでも先生に相談しに行くか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。